2017年5月24日 (水)

アイスティー


Iceteahoseimoji
ひのおどる ガラスのポットアイスティー





まだ5月だというのに真夏のような暑さが続きますね。
冷たい飲み物がおいしくなる季節。

朝の紅茶は1年中アール・グレイですが、これはアイスにすると一段と美味しいです。
氷を入れる分濃く淹れるので夏場は茶葉の消費が激しい(;^_^A




最近は色々あって殆ど俳句モードになれず(泣)
ぼちぼちマイペースでいこうと思っております。




non-rupihosei.jpg

来月で5ヶ月になるノンナ。
まだまだ手がかかりますが(俳句モードになれない原因のひとつ)
子犬時代はあっというまに過ぎそうで少し寂しいかな。




2017年5月13日 (土)

仔馬


Kouma1547bhoseimoji
こうまたつ みえないつばさひろげつつ




「仔馬」は春の季語ですが。
5月は春と夏を行ったり来たり。




写真は馬事公苑にある馬の像です。








2017年5月12日 (金)

薄暑


Sinjyuku16101hoseimoji
しんじゅくの ぼあんとよどむゆうはくしょ



☆まつやま俳句ポスト「薄暑」   人選☆





2017年5月 9日 (火)

ライラック


Rila14426hoseimoji
たびびととしてとうせいかライラック



紫の花が続きますが・・



どうしてライラックが春の季語なのか納得がいかないです。
このへんの庭に植えられた木でも咲くのは立夏の頃。
本場の北海道では5月中旬から6月、カナダでも6月に満開のライラックを見ました。



ライラックは季語としては新しいと思うのですが、
それならば生育環境もよくわかるはず。
私的には夏の季語のほうがしっくりくる感じがします。




2017年5月 8日 (月)

桐の花


Kiri55hoseimoji

ひるづきに ふれてゆるがずきりのはな









2017年5月 7日 (日)

藤の花


Fuji56hoseimoji
さざなみのようなめまいやふじゆるる


いつも思うのだけど、藤と桐の花は同時に咲いているのに、
藤は春、桐は夏の季語。
どちらにしても春の最後を飾るのは藤の花ということになりますね。







2017年5月 6日 (土)

こいのぼり


Koinobori55hoseimoji
ならくより あおぐこいのぼりのまぶし




快晴の子供の日、鯉のぼりが元気に泳いでいました。
少なくなったとはいえ、こんな豪快な鯉のぼりを揚げる家があるのは嬉しい限
り♪





2017年4月30日 (日)

ゴールデンウィーク


Omurais429hoseimoji
はたたてようか ゴールデンウィークのオムライス





いくつになっても時々食べたくなるオムライス。
郷愁を誘う優しい味。
卵はトロリくらいのほうが美味しいのでのっけるだけで形は無視です(;^_^A


ところでお子さまランチというものを食べたことあったかなあ・・?
画像検索してみたら今でもかわいい旗立てているんですね。






2017年4月29日 (土)

菜の花2


Nanohana429hoseimoji
ロケットは かえらぬたびへはななかぜ


(俳句ポスト「菜の花」  選外)






2017年4月28日 (金)

菜の花


Koyagi1458hoseimoji
やぎのめの いつもねむそうはななばた


☆まつやま俳句ポスト「菜の花」  人選☆





ちょうど3年前に撮った山羊さんの写真、せっかくなので使いましょう。
いやいや確かにお母さん山羊は眠そうだったけど、子山羊は全然。
ぱっちりとした目をしてほんとに可愛かったです♪
コラコラお母さんに乗っかるんじゃない・・・σ(^^)

Koyagi2






2017年4月27日 (木)

春闌ける


Harutakuhoseimoji

はるたくや ついにかえらぬさなぎすて


秋の終わりに見つけたアゲハの蛹、
まず孵ったためしがないですね・・・・゚゚・(>_<)・゚゚・。






2017年4月23日 (日)

花種


Hanadane16514hoseimoji
まいてください わたしのはいとはなだねと



種をまく、というのは「播く」なんですけど、
灰を「播く」はおかしいですね。
まあ種もばら撒いてくれればいいという感じでσ(^^)


写真は大好きなヒルザキツキミソウ。
今年もたくさん咲いてくれるかな~♪






2017年4月21日 (金)

くわりんの花

Karinhoseimoji

あしもとに くちしみいまだはなかりん




秋に大きな実の成るカリン、今可愛い花を咲かせています。

ところが手持ちの歳時記を探しても「榠樝の実」はあるけれど花は出ていない。
ひとつだけ、山本健吉の「季寄せ」に見つかったのみ。
実があるからには当然花も咲くわけで、普通に載っていそうなものですけどね。



木の下に放置されてまっ黒になった去年の実が転がっていました。
私もかりん酒とか作ってみたかったけど、あまりに硬くて・・・
切るのはこりごりで諦めました。

 

2017年4月19日 (水)

春宵

Syunsyohoseimoji
しゅんしょうや こいぬのきばのきよきこと




最近ちょっと句を制作する余裕がないので12年前の句の再掲。

12年前カノンとミーシャが来た時に詠んで気に入っていました。

今はノンナが同じ清い牙でガジラと化しておりますσ(^^)



M1
12年前のミーシャ。


Mn419_2

ミーシャとノンナ、仲良くね♪

«雲2

時計

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想