« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月26日 (土)

なつかしい・・・・

な なんとなつかしい・・・(;。;)
私は昔も使った覚えはないですが
ガチャンガチャンと上下させると水がほとばしる光景は目にしていると思います
この写真ですか?
もちろん古い写真ではありません
ちょっとタイムトリップをして撮ってきまして(^o^)
ブログのほうに書きますので気が向かれたらお寄り下さい♪

Ido

2005年11月25日 (金)

柿採り

うちの柿は正確に1年置きに 豊作ORゼロ
今年は豊作のほうで 去年など一個も実りませんでした
ったくこの半分でいいから 毎年均等に生ってくれればいいのに・・と思いますが
柿には柿の都合があるのでしょう

柿に限らず 花が咲いているとつい摘むのを躊躇ってしまう悪いクセ
この柿も実の小さなうちに上手に摘果してやれば
きっともっと大きな実になっているのでしょうね
放っておいたものだから数ばかり多くて小さいんです
でも味はいいんですよ♪

最近寒さが増して良いお天気が続いたのでなおさらです
豊作の年は100個以上 殆ど二人で食べちゃうって考えてみればスゴイな (;^_^A
あ でも今年からはプラス2匹が加わりました
柿をむいている音を聞くとすっとんでくる犬2匹
飼い主に似て果物大好き!のようです

Kakitori

2005年11月22日 (火)

菊の塔

楽寿園では「菊まつり」をやっていて菊の花があちこちに展示され
菊の品評会なども行われていました
これは菊で飾られた五重の塔
かなり大きなもので 今月中旬まではライトアップも行われたとか
夜見たほうが幻想的でいいかもしれません

でも昔は「菊人形」をやっていたんですよね・・
確か義経とか とてもきれいで子供心にうっとりしました
最近は何故かどこもあまり「菊人形」はやらないみたい
手入れが大変とか聞いたけど この五重の塔のほうがもっと大変だと思うけど・・・

Kikutou

2005年11月18日 (金)

カフェ・リマ

三島広小路にあるジャズ喫茶「LIMA」
私が20代の頃から存在しています
もっとも昔はもっとフロアも大きく いかにもジャズ喫茶という感じだったけれど今はこじんまりと明るくなって 
でもかかっているのはおそらく何千枚もあると思われるマスターの秘蔵のレコード
買い物帰りに寄ったら他にお客は一組しかいなくて
70年代のレーモンド・ル・フェーブルをアレンジした曲が静かに流れておりました

ここで会おうと約束したのに 待っても待っても来なくって
心臓から血が流れるような痛みに耐えながら座り続けていた
もう来ないとわかって立ち上がる時の身体の重さ 苦しさ
今でもよく覚えているわよ

なんていうことを帰宅してから家人に話しましたら
「そんな昔のこと覚えてないなあ」だと (ー"ー )
まっ 覚えていることはわかっているけどさ
忘れないようにたまにはチクチク言ってやらないとねっ (^m^*)

Rima2

2005年11月16日 (水)

文学碑

楽寿園から三島大社に続く桜川沿いには
若山牧水 司馬遼太郎など 三島にゆかりの深い7人の文人の文学碑が建っていますが これは太宰治のもの
昔の三島と水との関わりを端的に描いていますね
私の叔母も 何の予備知識もなく訪れた三島が
あまりきれいなところだったので驚いた と言っておりました
誰もが驚嘆し 夢中になる素晴らしい財産だったのに
高度成長期に町中の川を暗渠にし 文字通りその宝をドブに捨ててしまった
もっと早くから何が大切なのか見極めて町の将来を考えていれば・・と思いますが
あの頃は日本中どこでもそんな状態だったのでしょうね

Bungakuhi

2005年11月15日 (火)

小浜池

話が前後してしまいましたが
しばらく行っていた三島の話など・・
こちらは三島駅からすぐのところにある大きな公園「楽寿園」の
「小浜池」
この公園は戦前までは皇族の別邸として使われていたそうですが
昭和27年から三島市が管理しています
この池 以前は富士の湧き水が豊かに湧き出して澄んだ水を湛えていたのですが 
今回はマイナスの水位でがっかりでした
私が子供の頃は 真夏でもこの辺りに来るとすーっと涼しい風に包まれたものです
裸足になって周辺の川に入りよく遊びました
富士の雪解け水ですからそれは冷たくてきれいな水で・・
確か2年前に来た時はたっぷり水がありましたから 
すっかり枯れてしまったというわけではないと思いますが・・
今度訪ねる時には また満水の小浜池に会いたいものです

Kohamaike

2005年11月11日 (金)

入谷の酒屋さん

入谷駅から酉の市へ向かう途中にあった酒屋さんです
何ともレトロな感じが良くて 思わず撮ってしまいました
でも ということはだいぶ古い建物なのでしょうから
反射的に地震は大丈夫かしら なんて思ってしまいます

この辺り 東京の下町は大通りから入った路地に味があるのですよね
レトロブームでその種のスポットを紹介する本やサイトも多いみたいです
懐古趣味かもしれないけど やはり懐かしいものに出会うのは嬉しい
あっ そういえばまさに昭和へのタイムスリップを叶えてくれそうな映画
「三丁目の夕日」の上映が始まっているんでした
来週にはぜひ観に行ってこよう・・(^o^)

Iriyasakaya

2005年11月10日 (木)

酉の市

昨日11月9日は「酉の市」
東京 浅草の鷲(おおとり)神社へ行ってまいりました
某句会の兼題なのでとりあえず行ってみないことには・・と出向いたのですが いやあ面白かったです
そう広くない境内にあふれんばかりの縁起物の熊手
その華やかなことといったら見ているだけでうきうきして福が寄ってきそう♪
「商売繁盛」がメインのようですが その他福なら何でもありのてんこ盛り (^0^)♪
何しろ運をかっこむ 福をはきこむという有難い熊手ですから
やはりひとつは買っていこうと物色しているうちに俳句のことはコロッと忘れてしまいました (;^_^A

「春を待つ事のはじめや酉の市」と其角が詠んだように
江戸時代にはお正月を迎える最初のお祭りだったそうです
酉の日は12日ごとに巡ってくるので 年により2回か3回あり
今年は21日が「二の酉」となります
江戸情緒あふれるお祭り 出かけてみてはいかがですか (*^0^*)

Torinoiti

2005年11月 8日 (火)

立冬の入道雲?

所用でしばらく実家に行っていたのでこちらの更新が出来ませんでした (;^_^A
ようやく昨日帰ってきたのですが 出かける前に山手線がストップしているというニュース
まあ着く頃には復旧しているだろうとは思いましたが
検索してみると 小田原からの湘南新宿ライナーを使えば
私鉄乗り換えの池袋までダイレクトに行け しかも新幹線利用の場合と30分ほどしか違わないことが判明(おまけに料金は半分)
というわけで久しぶりに三島から東海道線に乗りました
いつのまにか殆どすべてが熱海止まりというのは不便でしたが
新幹線に比べ とてもよく海が見えるんですよね
お天気も良く 青い海を堪能しましたが 立冬だというのに驚くほどの暖かさで 
海の上に立ち上がっているのはどう見ても「入道雲」
その後急に曇って その曇った空に何度か虹がかかりました
空の上で 秋と冬の大気がせめぎあっていたのかもしれません

Nebukawa

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

時計

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想