« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月29日 (月)

UFO?金星?

冬晴れの一日が終わりに近づき 太陽が沈んだばかりの西の空に残照が照り映える
そして輝き出す宵の明星・・・に見えます?これ
確かに今年に入ってから宵の明星である金星が日没後の空に現れ 清らかな姿を見せてくれているのですが
この時はまだまだ明るく 金星が見える時間には少し間がありました(少し画像処理をしてあります)
素晴らしく明るい光がきらめいたので最初飛行機かと思い しばらく見ていましたが静止したように動かない
(実際にはこの写真の10倍くらいの明るさ)
太陽の光を反射していることは確からしいけど 何で動かないんだろう・・・としばらく見つめていました
この時期 夕方の飛行機はたいてい尾を引いた
彗星のようになるんですけど
一瞬 んん?まさかUFO??なんてね
しばらくすると急速に光を失い そのままフェイドアウトするようにすうっと消えてしまいました
う~ん 考えられることとしては 飛行機がちょうど真後ろを見せて飛んでいた・・・のかな
彗星のように見える飛行機もそうだけど 太陽光が当たらなければ存在がわからない高さなのですから
いきなり現れたように見えても不思議ではないですよね
それにしてもちょっとスリリングな光景でした

散歩を終え 家に帰る頃には今度はほんものの宵の明星が・・・
この金星 2月19日の夕方には新月と並んで見られるそうです
月と金星のランデヴーはほんとに美しいですものね 楽しみです (*^∇^*)♪

Nazo

2007年1月20日 (土)

道切り

Tujikiri 大きなわらぞうりと 下のは注連縄の一種でしょうか
当地で散歩していると森の中や道端でよく見かけます
何となく まあ村の入口の魔よけなのかなと思っていましたが
やはりそうらしいです
村に悪霊や悪疫がやってきても進入させないように結界を張り
大きな草履はこの村にはこんな大きな草履をはく神様がいるんだぞ という脅し
他にも藁で作った大蛇を木に這わせたり 昔は全国どこででも行われ 地方によって色々なスタイルがあったようです
村々の入口でにらみをきかす魔よけ
なにかユーモラスでいいですね
もっとも昔は飢饉や疫病など今と比較にならない恐ろしいことが実際多かったでしょうから 魔よけも切実だったのかも
多分1年に1度新しいものと取り替えるはずなのですが
ここのはもう何年もそのまま・・・
藁草履なんて作れる人がもういないのかもしれませんね

そうそう こういう風習を「道切り」あるいは「辻切り」というのだそうです

こちらもその「道切り」の一種のようです
家々の地所の手前や角によく見られる小さな御幣
神主さんが持っているあれのミニミニ版ですね
悪霊が辻に集まりやすいので 個々の家でも魔よけとして地面にさしておくらしい
これは紙で簡単に作れるのでしょう
お正月には新しく真っ白な御幣に変わっていました
犬たちが匂いをかごうと寄っていくので踏んづけたらタイヘンと「だめだめっ!」
でもこういう昔ながらの習慣が今も続いているのって 何となく心が和みます
悪いことが来てほしくないって気持ち 今だってちっとも変わってないですものね♪

Tujigiri

2007年1月18日 (木)

寒中ハイビスカス

庭から居間に避寒中のハイビスカス
しばらくたくさんの葉が黄色くなって落ちたりして心配させられましたが
また元気を取り戻してたくさんつぼみをつけ 今日はふたつの花が久しぶりに開きました
何もねえ・・・部屋の中は暖かいとはいえ こんな真冬にまで律儀に花を咲かせなくったって
しばらくゆっくり休めばいいものを・・・
などと気の毒に思ってしまうのですが つぼみが色づいてくると つい少ない日照時間
まめに鉢を回転させて少しでも日が当たるよう協力してしまいます
何だか久しぶりに明るくきれいな「色」を見たような・・・

ところで外から付いてきたらしいアブラムシが根絶できないで困ってしまいます
小さい鉢なら外に出して薬を撒くことが出来ますが 今では到底一人では動かせない重さ
部屋の中で薬を・・・というわけにはいかず
どこからか冬眠中のテントウムシでも探してこようかな・・・・(;^_^A

Haibi1gatu

2007年1月16日 (火)

納豆売り場の怪

がら~んとした売り場
一瞬撤去された「不二家」のコーナー!?なんて思ってしまいましたが
違う違う お豆腐のとなり 納豆のコーナーではありませんか
いつも行くスーパーの夕方 何事かと思えばTVで納豆を食べてダイエットに成功した!という番組が紹介されて以来
若い女性を中心に爆発的に売れ 生産が追いつかなくなったとのこと
はあ・・・納豆が健康に良い(イソフラボンが特に女性に良い)とか言われて過去何回かブレイクしているはずですが・・・
「ダイエット効果」の威力はかくも絶大なのでありましょうか
番組を見ていないので内容はよくわからないけれど 納豆を食べるだけで痩せられれば誰も苦労しないんじゃないですか~?
(そりゃあ納豆だけしか食べなければ当然やせるだろうけど)
星の数ほどのダイエット法がちょっとブレイクしてはすぐ消えていく・・・・
そういえば一時あれほど話題になった「にがり」とか どこへ行ったんでしょうね
まあにがりなどはどうでもいいけど 納豆は昔からそんな事に関係なく常食している人がたくさんいる食品ですから無いと困ってしまう
こういう情況には慣れっこですよ と言わんばかりの「来週になったらもう売れ残ってますよ」という店員さんのお言葉
信じることにいたしましょう (;^_^A

Natto

2007年1月10日 (水)

復刻ラガー

以前にもキリンラガーについて書いたことがあるのですが いや別にキリンの回し者ではないのですが(笑)
最近限定発売された
復刻ラガー 愛飲しております
真冬というのは部屋も暖房して鍋など・・・というシチュエーションで 夏とはまた違ったビールの美味しさが楽しめますよね
このビール キリンの創業100年の記念として明治 大正時代に飲まれていた味をデザインと共に再現したということです 
ビールというのはその時々の気分やのどの渇き具合や気温などにも左右されるようで 
同じビールでもいつも同じ味とは限らないし美味しさも違う感じなんだけど 確かにこれらのビールは美味しいと思う
個人的にはこの苦味が大好きです
ちなみに昭和の味はクラシック・ラガー (これは最近大瓶でケース買いをしています 瓶を返却すると500ml缶より割安なので)
普通のラガーは平成の味ということでしょうか
ともあれレトロなデザインがなんとも魅力的
目でも楽しめるので余計に美味しさがUP なのかもしれませんね♪

Lager

2007年1月 4日 (木)

凧揚げ

ようやく家人が休みになったので 久しぶりに二人+二頭で散歩
車で少し離れた川まで行きました
ここは川沿いに遊歩道があり 草地で歩きやすいので時々来るのですが
今日はいつもの3倍くらいの人がやはり散歩・・・・というよりはウォーキングやジョギングをしている人たちが多かったです
お正月休み お祝いのご馳走をちょっと食べ過ぎて 少し運動でも・・というところでしょうか
対岸に凧を揚げている親子がいました
今日は全然風がなかったのでどうかなあと見ていましたら お父さんも子供たちもいっしょうけんめい走って
けっこう高く揚げていましたよ
お父さんもああいう時って どうかすると子供より夢中になったりするのがカワイイといいますか・・(^o^)
それにしても今どきの凧って 何だかみんなステルス戦闘機みたいな形しているんですね
そういえば最近の凧は流体力学 航空力学などを応用してわずかな風でもあがると聞いたことがあります
昔なつかしい凧揚げですが そういう面ではどんどん変ってゆくのも当然なのかな
ビンと張った糸のあの感触 なつかしく思い出しました

ということで 本年もどうぞよろしくお願い申しあげます <(_ _)>

Tako

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

時計

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想