« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

母の忌


囀りのうつくしきこと母の忌に

母の忌の花・花・花に埋もれゐし

花吹雪夢と知りつつ母を追ふ



桜に月

桜が咲き始めると やはり何かそわそわと落ち着かなくなるのは何故でしょう
当地の花のスポット 開花情況はどうだろうと偵察に
まだまだせいぜい2.3分咲きといったところでしたが 場所によっては5分咲きくらいのものも
この桜は川沿いの並木の一本でしたが 何故かこの木だけはかなり咲いていました
見上げると夕方の空に白い月が・・・
「雪月花」とはよく言ったもの
日本の四季の美しさをしみじみと味わう瞬間です(スイマセン 写真の腕の悪さはおいといて)σ(^^)
それにしても連日強い風の日が続くのです
咲き始めはそうそう落ちないとは思うけれど やっぱり心配で落ち着かない
東京はもう満開だそうなので こちらも数日のうちにはそうなりそう
ほんとにまあ何で桜のことで気を揉まなくちゃならないのか
世の中に絶へて桜のなかりせば・・・の歌をつくづく実感してしまいます (;^_^A


Sakuratuki

2007年3月30日 (金)

卒業2


卒業の朝きらきらと石投げす



川などに平たい石を投げ バウンドさせて遠くまで飛ばす遊び
よくやりました
あれってコツがあり 練習すればそれなりに出来るのですが それでも不思議でした
きらきらと川が光る 石が光る
あの時石投げしていたのはほのかに好意を抱いていた先輩だったかも・・・σ(^^)



☆3/30記念日俳句☆

国立競技場落成記念日垣根にさかさのズック靴   (国立競技場落成記念日)

2007年3月29日 (木)

雲雀


青空に喰はれてしまふ雲雀かな




上昇していくひばりを目で追っていても すぐ見失っちゃうんですよね・・(;^_^A





☆3/29記念日俳句☆

一突きでつるりと剥けてマリモ記念日    (マリモ記念日)

2007年3月28日 (水)

桜の夜


手品師の指ひらひらと桜の夜



桜の舞う夜はさまざまな幻想も行きかうような・・・





☆3/28記念日俳句☆

スリーマイル島記念日四隅に清め塩  (スリーマイル島記念日)

2007年3月27日 (火)

麦青む


黙々と下校の子らよ麦青む



昔でも「道草をしないで帰りなさいよ」とは言われたものですが
ぶっそうな世の中になって道草なんかしていたら誘拐されそうな・・・
集団下校は当たり前 心配で クルマで送り迎えする親も多いようです
道草も出来ないなんて イヤな世の中ですね・・・




☆3/27記念日俳句☆

仏壇の日の手あわせしあわせ有りあわせ  (仏壇の日)




2007年3月26日 (月)

連翹



Rengyo07_2 連翹の花とは千の眠る蝶





そう見えません?
千どころか 何千何万かな・・・




☆3/26記念日俳句☆

鳴らざりしセピアの鍵盤楽聖忌   (楽聖忌)

2007年3月25日 (日)

卒業



もう一度逆上がりして卒業す



「卒業」を詠むのは難しいですね
先週の「俳句王国」の主宰だった坪内稔典さんが
素朴に詠むか 逆に思い切った冒険をするか・・というようなことをおっしゃっていましたが
なんとなく納得です・・・




☆3/25記念日俳句

電気記念日プラトーン・シティに流れ星  (電気記念日)

なずなヶ原


春にしてはちょっとジミなこの風景
蕎麦の花?なんて思ってしまいますが
実は「ナズナ」なんですよ
まるで栽培しているみたいに 空き地一面に咲いて見事なこと♪
多分休耕田なのだと思いますが これほど「ナズナ」だけが広がっている光景もめずらしいです
ご存知の通り春の七草のひとつで別名は「ペンペン草」
実が三味線のバチに似ているからだそうですが 
熟した実のついたものを振るとシャラシャラ音がするのが面白かったです
アクもないのでさっと茹でて辛子和えにすると美味しい♪
とはいえ 採るのも面倒で何年もやっていないですけど・・(∩_∩)ゞ
覚えておくと「飢饉」の来た時に役立つかも・・・・ってそんなことになったら大変ですよねっ (;^_^A
ちなみに花言葉は「すべてをあなたに捧げます」
う~む ちょっとイメージが違うかも・・・もっとたくましい花言葉であってほしいな~(ー"ー )

Nazunahara

2007年3月24日 (土)

三月うさぎ


陽だまりや三月うさぎが目つむりて



「三月うさぎ」は「不思議の国のアリス」にでてくる「気○○いうさぎ」
(ひょっとして書き込み禁止用語っ?)
なんですけど 今日見たのはご近所に飼われているうさぎさん♪
聞けばもう10歳近いそうで 跳ねるのもちょっとかったるそう
ぽかぽか陽だまりの庭で 気持ち良さそうに目を閉じていました



☆3/24記念日俳句☆

マネキンの日のサクサクと小枝かな  (マネキンの日)

ミモザ

Mimoza_1

花ミモザ風に光れば海恋し




近所の畑に1本だけあるミモザ
数年前まで無かったからいつ植えられたのか
黄金色の波打つような見事な花が咲いています
この花を初めて見たのはニースだったので
ミモザというと連鎖的にあの目に痛いほど青かった
海を思い出してしまいます

風吹けば黄金のうねり花ミモザ



☆3/23記念日俳句☆

世界気象デー風邪時々腫れ時々飴 (世界気象デー)

2007年3月22日 (木)

雛納め



餞は伽羅の香なりや雛納め

(はなむけはきゃらのかなりやひなおさめ)



一度雛を飾ると何か仕舞うのが寂しくて
まあ旧暦なら4月なんだし!と思いつつ
さすがにそれまで飾っておくことはないですが・・・(;^_^A
雛のいなくなった座敷は広々として 掛軸なども差し替えて
さあ春本番!という感じでしょうか



ゆるやかに香の煙や雛去りて



☆3/22記念日俳句☆

放送記念日の口もとがお留守ですよ   (放送記念日)

2007年3月21日 (水)

春分


春分や黄身真ん中の目玉焼



太陽が真東から昇り真西に沈む 今日は春分の日
何だか今日はすべてが正確に左右対称に・・・なんてことはないか (;^_^A


春分や東の未来西の過去





☆3/21記念日俳句☆


中身は誰も知らない ランドセルの日といへど    (ランドセルの日)

木蓮無情


満開になった白木蓮ですが 今年はいつもと様子が違い 
当地ではこんな風に茶色の部分が目立ちます
暖かさに誘われ まさに開き始めたその時という最悪のタイミングで先日の寒波に襲われたのです
白木蓮が一番その被害を受けたみたい・・・近所にあるこの木はまだいいほうで
開けないまま茶色に変色してしまった可哀想な木がたくさん・・・(・_・、)

なにやら「騙されて裏切られた」というようなニュアンスがあり ちょっと眺めるのにつらいものがあります

(ー.ー")

Hakuren

2007年3月20日 (火)

さくら



東京にさくら点じて旅立てり



20日 全国で一番早く東京に桜開花宣言が・・
早いと思ったけれど観測史上3番目とか
先日のように暖かいままだったらもっと早かっただろうけど
ここ数日の寒さでブレーキがかかったのでしょうね

彼岸に旅立つ人は毎日たくさんいるんだろうけど・・・
この季節 あちらでも桜は咲いているのかなあ




☆3/20記念日俳句

わが犬の上野動物園開園記念日を駆け抜けり

(上野動物園開園記念日)

2007年3月19日 (月)

たんぽぽ


たんぽぽの充電完了して真昼


陽の光をいっぱい溜め込んでいる そんなたんぽぽの黄金色
開ききった花からは陽光がきらきらとあふれてきそうです




☆3/19記念日俳句☆

つくしんぼ陽気に奏でるミュージックの日を (ミュージックの日)

沈丁花


沈丁花 少し盛りを過ぎてしまいましたが・・・
これは近所のお宅のフェンスに咲き乱れた沈丁花
大量に咲いているので香りも本当に素晴らしいです
うちの沈丁花は白なのですが 蕾は紅く 開くと薄紅のこの色もやはりいいですね
通るたびに香りを楽しんでいるのですが ここ数日はすごく風が強くて・・・
そよ風ならふんわりと香ってくれるのでしょうが あまり強いと香りも飛んでしまうみたいです

その風がまた冷たい北風なんですよね
真冬のように空は澄んできれいなのですが 今さら寒の戻り というのも困るかも・・・


Jintyo07

2007年3月18日 (日)

紙漉き女


うちから車で10分ほどの場所に 「
埼玉伝統工芸会館」があります
小川町は隣町なのですが 昔から和紙作りが盛んなところ
会館では紙漉きを体験することも出来 さまざまな伝統工芸品の展示や各種イベントなどが行なわれています
また数年前には「道の駅」も併設されたのでドライバーにとってもちょっとしたオアシス
裏手にまわるときれいな川が流れていて 散策するのも良いです
ここの売店には和紙を使った文房具や可愛らしい小物 地元のお菓子などがおいてあるので時々利用するのですが
ひさしぶりに行って駐車場に入るところで 巨大「紙漉き女」に遭遇してビックリ!(゚o゚;//
ちょ ちょっとコワイんですけど・・・(;^_^A

これも全部和紙で作ってあるのでしょうね
えっ 雨の時は大丈夫なのかなあ
溶けてきたりしたらはっきり言ってホラーになっちゃうと思いますよ・・・まあちゃんとコーティングしてあるのだとは思いますけど・・・

もちろん このようないでたちで紙を漉く人はもう見ることができません
でも和紙の独特の風合いは伝統的な「紙」にとどまらず 現代的なセンスで新しい工芸品にアレンジされ 今も愛されていますね
守っていくもの 変っていくもの・・・どちらも大切にしていきたいものです

Kamisuki

2007年3月15日 (木)

春の宵



かの星座西に見送る春の宵



だいぶ日暮れが遅くなり ようやく暗くなった空を見上げると
冬の星座たちはすでに西空に傾きかけ退出していくところ・・
シリウスの光も鋭さを失い 皆優しげな春の星となり
何だか寂しいのです




☆3/15記念日俳句

ああポチに齧られゆく靴の記念日よ   (靴の記念日)

2007年3月14日 (水)

春の雪



春の雪ふはりと浮かぶ山手線



そうですね~
「春の雪」に出会える可能性はまだ皆無ではないかも・・・(ー.ー")




☆3/14記念日俳句☆

歯ブラシはブルーが好きですホワイトデー

(ホワイトデー)

春の闇



恐竜の眼窩に在りぬ春の闇



何でだか恐竜のイメージが頭を離れなくて・・・
春と恐竜って何かカンケイあるのだろうか・・・(-。-)




☆3/13記念日俳句☆

青函トンネル開業の日オオガラスウミカタツムリの孤独

(青函トンネル開業の日)

土筆


つい先日 そういえば去年ここに土筆がいっぱい出ていたなあと思いながら通った時には
まだ何もなかったのに 今日また通りかかったらもうこの通り
あっというまにのびるんですね・・・土筆って

調べてみると酢の物にしたり佃煮風に煮たり それをご飯に混ぜて土筆ご飯 など
けっこう食べ方は多いようです
ただし茹でるとかさが減るのでかなり大量に採らなければならないみたい
それと「ハカマ」を取るのがけっこう大変・・・(;^_^A

でもちょっぴりでも食卓に乗せて春の気分を味わいたいですね
ちょっとだけでも茹でて甘酢漬けにし 鰆の西京焼きの付け合せに・・など
美味しい日本酒が欲しくなりそうです (#^.^#)

Tukusi07

2007年3月12日 (月)

雪柳



雪柳降り積むごとく撓ひけり



つひに降らざる地に・・・と言いたくなるほど
咲き始めた雪柳はこの冬見ることのなかった雪を連想させます
でもここへきてこの寒さ
まさかこれから降るとか・・・?(;^_^A




☆3/12記念日俳句☆

江戸時代は無かったのか!サンデーホリデーの日   
(サンデーホリデーの日

2007年3月11日 (日)

永き日



永き日の小石は斜めの影を持ち



雨上がりの青空が気持ち良くて 今日は2時間近く歩いてしまった・・
だいぶ日がのびてまさに「永き日」が実感されます
それにしても風が冷たかったです




☆3/11記念日俳句☆

パンダ発見の日優しいこゑの人さらひ   雪うさぎ   

ピンぞろの丁やパンダ発見の日       紅椿さん

(パンダ発見の日)

2007年3月10日 (土)

美齢

最近「猫禁断症状」?が出てきたので(笑)
こちらでは猫を飼うことにいたしました (;^_^A

美齢(メイリン)は以前13年間一緒に暮らした猫の名前です
大体においてシャム猫は性格的には犬に近いと聞きましたが
気立てが良く 優しくておっとりとした猫でした
もうだいぶ前に亡くなってしまいましたが しなやかで優雅な身のこなし
宝石のようなブルーの眼が嵌った繊細な顔
滑らかで柔らかい毛の感触など 今でも折にふれ思い起こされます

ということで美齢 これからどうぞよろしくね♪


Meirin_1

ありし日の美齢
そういえば最近はアメショーなどが全盛なのか
シャム猫はあまり見かけなくなったような・・・

霾る


霾るや土管に続くけものみち




霾る(つちふる)
よく表現された漢字だなあといつも思います
この時期 せっかく洗車してもあっというまに埃まみれ
加えて花粉まみれ
巷にはマスクにサングラス といういでたちの人があふれます
私はまだ花粉症には罹らず何とかがんばっておりますが・・・(;^_^A




☆3/10記念日俳句☆


東京大空襲記念日の泥の味 (東京大空襲記念日)

サボテンの日の蛇口が緩んでゐる (サボテンの日)

2007年3月 9日 (金)

春眠し


カフェラテの泡あふれさう春眠し




という句とはうらはらにここ数日は冬に戻ったように寒いです
近所で早々と咲き始めた桜がかわいそう・・・
あんなに暖かかったんだから無理ないよね

紫のムスカリも 畦道の土筆も顔を出し始めました
そして雪柳の白が 何かもの悲しく見えてしまうのは何故かしら



☆3/9記念日俳句☆


針供養は二月だったレコード針の日    (レコード針の日)

2007年3月 8日 (木)

春の泥



みいちゃんのつくるおだんご春の泥



「春泥」は文字通り「春の泥」なれど むしろ「春のぬかるみ」と解釈すべきであり
なるべく「春泥」という読み方で作句されたし・・と水原秋櫻子先生はおっしゃっているのですが・・(;^_^A

なお「みいちゃん」は幼友達の呼び名ですが ウチのミーシャもついそう呼んでしまうんですよね・・・ (#^.^#)



☆3/8記念日俳句☆

みやげの日異次元にゐるキューピーちゃん (みやげの日)

みつばちの日サプリメントが多すぎて (みつばちの日)

2007年3月 7日 (水)

そしてとうとう・・


桜が咲き出しちゃいました
このお宅のこの桜 いつもの年でも一番早く咲き始めるのですが
ここ数日の暖かさでもう春も本番だろうと一気に開花を始めた様子
ところが意地の悪いことに 昨夜あたりから気温が下がって
夜には当地でも氷点下の予報が出ているのです

おかしな気候に騙されるというか 振り回される植物たちも大変・・・・
桜の場合咲き出してから気温が低めだと花が長持ちする傾向にあるようですから
うまくコントロールしてきれいな花を長いこと保ってほしいものです


Hayasakura

春泥



キャタピラに春泥乾きゆく午後よ




「春泥」
昔と違って舗装の完備した現代ではあまり実感のない季語かもしれません
田んぼとか 工事中の現場とかでしか見られないかも・・・
おろしたての靴にぬかるみの泥がついて重たくなり・・という記憶はあるんですけどねσ(^^)


ブルドーザー動かぬまひる春の泥






☆記念日俳句☆

警察制度改正記念日のいつか見た青い空

(3/7 警察制度改正記念日)

2007年3月 6日 (火)

啓蟄



啓蟄や土蔵の窓の鉄格子





散歩コースにあるんですよ 白壁の古い土蔵
窓に鉄格子が嵌っているのは泥棒よけなんだろうけど
なんだかブラック・・(^^ゞ

今日の啓蟄を待たずに 今年はもう虫なんて出まくりです
散歩で川原など歩くと 頭の上をうるさく飛び回る小さな蚊?
まくなぎ(めまとひ)って夏の季語じゃないですか!
本当に今年は異常です



☆記念日俳句☆

3/6 なんだか今日は記念日がいっぱいあってどれも面白かったので
まとめて・・・σ(^^)

世界一周記念日屈伸運動五百回  (世界一周記念日)

いつのまにまあちゃっかりと弟の日  (弟の日)

吹けよ風呼べよ嵐ジャンヌ・ダルクの日  (ジャンヌ・ダルクの日)

スポーツ新聞の日網棚が破れてゐる  (スポーツ新聞の日)

入日

う~ん 驚くほど大きな夕日の写真を撮ったつもりなのですが こうして見ると全然迫力が無いですね
第一目で見るような真っ赤な色にならないし・・・・ってもちろん撮影のノウハウや画像処理に詳しければ同じカメラでももっと思い通りの写真が撮れるのでしょうが 
いつまでたっても不勉強であきまへん (;^_^A

それはともかく ほんとにびっくりするくらい大きな夕日でした
薄い雲ごしなのか春霞のせいなのか 見つめてもまぶしくなくて
あっというまに山の端に沈んでいくのをしばらく眺めていました
そういえば昨日は満月でもありました
月の出は見なかったけれど 東の空にはきっと同じく大きくてまんまるな月が姿を現したことでしょうね♪

Irihi304

2007年3月 5日 (月)

春疾風


紙屑と化すものあまた春疾風




春先の埃っぽい風に舞うもののイメージ
宝くじや馬券のはずれ券とか・・・・(もしかして株券もっ?)
花びらが舞うなら優雅なんですけどね (;^_^A




☆記念日俳句☆

サンゴの日そこは落書禁止です

(3/5 サンゴの日) 

2007年3月 4日 (日)

初音


初音聴く杜より聳ゆ電波塔




最近あちこちにニョキニョキ立っている電波塔
携帯電話の電波受信のためだと聞きましたが・・・
景観を損ねることは確かです

鶯の初鳴き 2月のうちに聞きましたが
この暖冬で動物にも植物にも「勘違い」が続出しているのでは?と思ってしまいます
何事もなければいいですが・・・



☆記念日俳句☆

サッシの日防毒マスクを点検す

(3/4 サッシの日)

2007年3月 3日 (土)

ひな祭り


今日はひな祭り
わりとコンパクトとはいえお雛さまを一人で出すのはけっこう大変で 
なかなか腰が上がらず
決心してやっと飾れば もっと早く飾ればよかった・・・と思うのが毎年のことです (;^_^A
左側にいるお内裏さまは 何年か前家人の会社の物置から発見されたもので
多分お店のディスプレィに使われたらしいのだけど 今となっては持ち主もわからず・・・・
廃棄処分になるのが可哀想だと言って ウチに持って帰ったものです
んもう~仕舞う場所が足りないのに~~と思いつつ やはりひな祭りになると飾らないわけにはまいりません

でもね~ホントうちには娘もいないし
私が死んだらどうなるんだろうね~このお雛さま・・・・・(ー.ー")


Hina20072

雛祭り



たけなわの雛の宴や小夜嵐




一年に一度のひな祭り
今宵はお雛さまたちの無礼講なのかもしれません
雪洞は点けたままにしておこう・・・

それにしても 極端なことをいえば
初節句にお雛さまを買ってもらったとして
何十年経ってこちらはすっかり変っているのに
お雛さまは歳をとらないんですよね
そういう感慨って歳をとらなければもちろんわからないのだけど・・・

変らざるもの怖しき雛の夜




☆記念日俳句☆

耳の日のパラボラアンテナ月に向き

(3/3 耳の日)

2007年3月 2日 (金)

Hina2007




飾りし夜雛の吐息を聞いたよな




明日はもうひな祭り
私のお雛さまも障子越しの柔らかい光を浴びています
1年間箱の中に押し込められていたのですから
飾られた時にはやはり嬉しいんだろうなあ・・(^-^)



☆記念日俳句☆

ミニの日のコロボックルはまだ眠い

(3/2 ミニの日)

2007年3月 1日 (木)

二月尽

二月尽く誕生日の花枯れ果てて




今日は何の日カレンダーが3月1日に変わっているのを見て
一瞬ドッキリ・・・
「29日」だとばかり思っていたらしい
そうでした もう2月は終わってしまったんですね
今日から3月
当地は晴れているものの昨日からの風がまだ収まりません
「つちふる」季節に入ってきたのかな



☆記念日俳句☆

ビキニ・デー海を渡るは風ばかり

(3/1 ビキニ・デー)

恥~~ε=ε=ε=(ノ><)ノ



2/25の記事「連翹」ですが
あれは連翹ではなく 「黄梅」のようです
何かひっかかって調べてみましたら やっぱり違う~
今年は暖冬という感覚がしみついていたせいか
短絡的に「連翹がもう咲いたっ!」なんて思ってしまいまして・・(と言い訳・・)
ほんとにどうもすみませんでした
お詫びして訂正させていただきます

m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

時計

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想