« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月30日 (水)

続・ツバメの仔



うちの子ツバメの続報ですが・・・

29日の朝 巣はからっぽになっていました
一目で巣立ったばかりとわかるおぼつかない飛び方で家の周囲を飛び回り 
おっとっと・・という感じでお向かいの石榴の木にとまったり
そうかと思えばお隣の芝生に降りて鳴いているので
どこか怪我したのかとハラハラさせられたり・・

まあ無事に巣立って良かったこと♪
これでもう糞受けの新聞紙もいらないね・・・と思っていたら

なんと夕方には4羽そろって ちゃっかり巣に戻っているではありませんか
巣立ちをしたらもう巣には戻らないのだと思っていたけど違うの??

そして今日(30日)夕方4時ごろ散歩に出ようとしたら 
またまたちゃんと戻っている
しかも親鳥が餌を運んでくるんですよ@@
もうちゃんと飛べるくせに 虫を取る練習をせんか!

だってここが安心なんだも~ん とでも言いたげな4羽 
何とも可愛くて憎めないんですけどね・・(;^_^A


Kotubame2_1 

2007年5月29日 (火)

梅の実収穫♪



6月に入ってからにしようかと思っていたけれど
ちょうど良さそうに見えたので 急遽庭の梅の収穫を行いました
去年はアブラムシが大発生
枝にびっしりついて近づくのもイヤ 実もあまり生らなかったのですが 今年は虫もつかず
大小ばらつきはあるものの傷もないきれいな実が3キロ近く採れました♪
思えば去年の5月は異常なほど雨ばかりで「五月晴れ」など殆ど無く 
そのまま梅雨に突入してしまったのだっけ・・
今年はうって変わって爽やかな気候が続きましたから きっとそのせいでしょう
そういえば今年はまだ蚊の発生も少ないみたいです

収穫した3キロの梅
2時間後には半分は梅酒用の 半分は梅ジュース用の瓶に入れられ
床下で眠りについたのでありました (^-^) 


Miume_1

2007年5月27日 (日)

代田



うつとりと白鷺佇ちぬ夕代田



田植えのため 豊かに水を張った田
水路からあふれる水を見ていると
つくづく水の豊かな国は美しい と思ってしまいます
世界にはバケツ一杯の水で 洗顔から食事のための水まで
まかなうところもあるのにね・・・





☆5/26記念日俳句☆

東名高速道路全通記念日狸の法事

(東名高速道路全通記念日)




2007年5月25日 (金)

ツバメの仔



ズームが効かなくなっちゃった私のカメラ
先日買い替えようかな~なんて言ったのを聞いて
すねちゃったのかしら・・・・・(-_-;)

とボケ写真の言い訳をしつつ ウチの玄関に育っているツバメです
何しろドアのすぐ上なので 驚かさないようにそ~っと開け閉め
ポーチライトも遠慮しています
もちろん下の糞受けの新聞紙は欠かせず
なのにちょっと玄関付近にいると
たちまち親鳥の警戒と非難のけたたましい鳴声
ヾ( ̄o ̄;)オイオイ これだけ気を遣ってあなた達を守ってるつもりなんですけどね・・・

この巣はもちろんツバメが作ったのですが なんとスズメが横取りに来たりするんですよ
何日か前 ヒナが3羽ほどつかみ出されたらしく 死んでいたそうですが(家人が発見 私は見なかったけど)
多分スズメの仕業
一様に可愛らしく見える小鳥の世界でも さまざまな争いがあるのでしょうね
可哀そうで胸が痛みましたが 幸いまだ4羽の子ツバメは元気に育っているようです
みんな無事に巣立ちを迎えられますように♪

Kotubame_1


(大庭みな子さんを偲んで)


引く波や三匹の蟹跡も無し





☆5/25記念日俳句☆

挟マレテ脱出デキズ広辞苑記念日

(広辞苑記念日)




2007年5月24日 (木)

蔵造りの町



電車でも車でも30分くらいなので時々出かける川越です
たいてい駅周辺で買物 が多いですが
気がむくとすっかりきれいになった「蔵造りの町並み」へ
最近は人力車なども走っていて 観光客に人気のようです

電線を地中に埋め スッキリとした空に歴史的な家々の屋根が
存在感たっぷりです
でもこの道路 けっこう渋滞するんですよね・・・
せめてとりあえず土日だけでいいから 車両通行止めにならないものでしょうか
車を気にせず 歩行者専用になったらどんなにのびのびできることか
遠くからでも近隣からでも 
観光客はぐっと増えると思いますけどね・・・


Kawagoe1_1

罌粟畑2



罌粟畑どこに不思議の国のドア


Kesibata1_2
















先日 東秩父の高原に作られた「天空を彩るポピー」を見に行ってきました
ということでポピーの句を・・と思うのですが
どうも「オズの魔法使い」のイメージから抜けられないようで・・・(;^_^A
でも壮観でしょう♪罌粟畑
ポピーと麻薬になるケシってどう違うのかな・・・





☆5/24記念日俳句☆

白ウサギ穴に飛び込むゴルフ場記念日

(ゴルフ場記念日)

2007年5月23日 (水)

さみだるる



ひとしずく紛れる涙さみだるる





☆5/23記念日俳句☆

ラブ・レターの日かスパムメール100パーセント

(ラブ・レターの日)

2007年5月22日 (火)

罌粟畑


罌粟畑どこかにライオン眠ってる






☆5/22記念日俳句☆

おお牧場はみどりよガールスカウトの日

(ガールスカウトの日)

2007年5月21日 (月)

みどり


なみなみとミネラルウォーターみどりの夜




☆5/21記念日俳句☆

リンドバーグ翼の日よあれが火星の灯だ

(リンドバーグ翼の日)

2007年5月20日 (日)

柿の花



Kakihana 実をつけるのは1年おき!
と決めているらしい我家の柿
最近「つけない」年は少ないどころか1個も実をつけず
完全休養を決め込んでいます
そのかわり翌年は枝も折れそうなほどたわわに・・・
実は半分でいいから毎年生ってくれればいいのに・・・と思いますが 柿には柿の事情があるのでしょう
ともあれ今年は実りの年
今朝はよく晴れ 青空に透き通るような若葉とともに
たくさんの花が元気に咲いていました♪


Ajitubomi 2年前でしたか紫陽花の若返りをはかって思いっきり切り詰めてみました
おかげで翌年は殆ど花が咲かなかったけれど
今年は植えてから初めて♪というくらいたくさんのつぼみをつけています
来月になったらいっせいに咲くと思うと紫陽花大好きな私はワクワクです♪

それにしても1度切れば若返って再生なんていいですねえ
人間は切るわけにはいかないですものね・・・(;^_^A

新緑




新緑の句碑に読めざる文字ひとつ




☆5/20記念日俳句☆

ローマ字の日誰がアッシュを殺したの

(ローマ字の日)

2007年5月19日 (土)

青嵐


風呂敷に包む遺作や青嵐





☆5/19記念日俳句☆

トンカツとは豚のフライだボクシング記念日

(ボクシング記念日)

2007年5月18日 (金)

牛蛙


牛蛙マナーモードといへど鳴る




☆5/18記念日俳句☆

お客さま ことばの日のほうはこちらになります

(ことばの日)

2007年5月17日 (木)

薔薇




薔薇の下人待ち顔のベンチかな 






☆5/17記念日俳句☆

生命・きずなの日地蔵堂より胡蝶

(生命・きずなの日)

2007年5月16日 (水)

青葉風



仏蘭西の塩のおむすび青葉風




☆5/16記念日俳句☆

旅の日の線路は続くよどこまでも    (旅の日)


2007年5月15日 (火)

月見草



月見草君が庭にも灯りしと


Tukimi3_1





















☆5/15記念日俳句☆

はからずもブラックジョークに青春七五三

(青春七五三)

大蛇??

Mamusi1_1 新緑の中を歩いていて 突然前方にこんなモノが現れたら・・

ギョッとしますよね (;^_^A
ちょっと見 動物のようにも見えます
というか やはり蛇を連想するでしょうか



Mamusi2_1 近寄ってみるとこんな感じ
左側のは倒れてしまったようです
「マムシグサ」の仲間だということはわかるのですが
やはりウラシマソウでしょうか
葉はこれから出るのかな??
何日かしたら確かめにこようと思います



サトイモの仲間だそうですが ほんとに異質というか
目立ちますね
薄暗いところが好きなようなので余計に です
植物の姿も実にさまざま
そういえば世界一大きい花は 
やはりサトイモ科であるコンニャクの一種だと聞きました




★ 5/18追記 ★

その後調べたところマムシグサではなく
ずばりコンニャクの花であることがわかりました
葉は見たことがあるものの花は初めて見ました
コンニャク芋がだいぶ大きくなった後
4~5年に一度しか咲かないそうです
貴重なものを見たのかな♪ (#^.^#)


2007年5月14日 (月)

竹落葉

Takeaki
さやさやと昔ばなしを竹落葉




新緑の中で目立つのは「竹の秋」
今年は特に枯れ色が濃い気がします






☆5/14記念日俳句☆

温度計の日や血圧の反比例    (温度計の日)

2007年5月13日 (日)

母の日




ただ白のカーネーションに託しけり




☆5/13記念日俳句☆

包丁はやはり隠してメイストームデイ  (メイストームデイ)


2007年5月12日 (土)

撫子




撫子やママと泣く子を抱きしめよ



「なでしこ」って字のごとく
「撫でるように可愛がる子」という意味もあるんですよね・・・・




☆5/12記念日俳句☆

看護の日の静脈が行方不明      (看護の日)

2007年5月11日 (金)

ほととぎす



バーチャルの夜の果なるほととぎす



当地にほととぎすが来るのは必ず5/15~18の間・・・
今年ももうすぐです
無事にやってくるかな・・・




☆5/11記念日俳句☆

きらきらと魚の泪長良川鵜飼開きの日

(長良川鵜飼開きの日)

2007年5月10日 (木)

罌粟



ぽんと罌粟赤ずきんちゃん気をつけて




どうも真っ赤な花って見るとざわざわするというか 
心乱されてしまいます (;^_^A
そんな真っ赤な罌粟(ケシ)が あちこちで咲いています




☆5/10記念日俳句☆

コットンの日森の水車は動かざり    (コットンの日)

野ばら野いちご♪



Nobara 野山に白い花が目立つ季節になってきました
木では筒型のウワミズザクラ エゴノキ ガマズミ
それからウツギ類
街路樹のヤマボウシも咲いています
藪や草地には野バラや野イチゴの類がたくさん花をつけ始めました
これはノイバラかな・・・
バラの原型の感じでとてもシンプルで可憐
栽培種でも最近この形で紅色の大型のものがありますね
そういえばうちの庭にも鉢のままほったらかしているミニバラがあり それもこんな形のピンクです


Noitigo こちらはキイチゴの一種
調べたところによると「カジイチゴ」という野イチゴのようです
だとすると 来月にはオレンジ色をした実をつけるはず
それともクサイチゴ?
キイチゴ類の花はよく似ていて区別がつきません 
(∩_∩)ゞ
クサイチゴだとしたら 真っ赤な実がなるようです


Kawazu おまけ (^o^)
そろそろ水が入りだした田んぼのそばにいました
何だかさびしそうな後姿かも・・・
蛙の声もめっきり少なくなった気がしますよね

2007年5月 9日 (水)

浦島草


介護てふ蜜月ありと浦島草




昔大庭みな子の「浦島草」を読んだとき
それがどんな花か知りませんでした
彼女は脳梗塞で倒れて半身不随になりすでに10年
ご主人が献身的な介護を続けています
介護を蜜月だという心境を他人が推し量ることは出来ないけれど
どんな夫婦にも起こり得る ということは確かなのですね


☆5/9 記念日俳句☆

消したれば何事もなし黒板の日     (黒板の日)

2007年5月 8日 (火)

磯巾着




ひつそりといそぎんちやくに呑まれたし






☆5/8記念日俳句☆

童画の日コドモノクニに花よ咲け  (童画の日)


つばめ




つばめ来て日本沈没まだらしき




(笑)をつけたほうがいいでしょうか σ(^^)
ここのところ「日本沈没」は新旧の映画に加え
TVシリーズ全9巻まで観てしまったので
もう明日にでも沈没するような気分に・・ (;^_^A
そうですね きっとその前にはツバメが来なくなるのかもしれません





☆5/7記念日俳句☆

ハクションとコナモンの日を吹き飛ばす  

(コナモンの日)
 ←粉もの 小麦粉で作る食物の発展を願う日だそうです


2007年5月 6日 (日)

夏来る



モネの絵に踏みこむ心地夏来る




今日は「立夏」
最近思うのですが 「立春」は厳冬のただ中
「立秋」は夏休みも前半のもろ真夏
「立冬」だってまだまだ秋ぢゃん という感覚なのに
「立夏」だけは暦の上では・・どころか
少し遅いんじゃないの?とすら思うのですよね
実際今年だってもう「真夏日」がありましたし
天気予報では明日は30度なんて言ってるし・・・

日本列島 夏がじわじわと拡大しているのでしょうか
暑いの苦手な身としてはゆううつです・・・(-_-;)




☆5/6記念日俳句☆

ゴムの日を跳んで夏へと着地する  (ゴムの日)


お知らせ


俳句の部屋」に4月の句をUPいたしました <(_ _)>



2007年5月 5日 (土)

鯉のぼり



鯉のぼり小さな緋鯉であった頃





☆5/5記念日俳句☆

三人に四つのお菓子こどもの日  (こどもの日)

2007年5月 4日 (金)

残花



Yoka 茫然と葉に埋もれゐし残花かな



もうとっくに葉桜になっている桜ですが
昨日よく見たらまだぽつぽつと残っている木も・・
遅れて咲いている花は さぞ寂しいことでしょうね


風起きてあとひとひらの余花なりし





☆5/4記念日俳句☆

前世はあの玉だったラムネの日   (ラムネの日)

2007年5月 3日 (木)


Yamafuji2 藤しづか根の国あらむその真下




今年はともかく藤の花がすごいです
まるで滝のような山藤
ちょっと凄まじい感じがあるような・・



☆5/3☆記念日俳句

憲法記念日リサイクル不可の護美たまる (憲法記念日)

2007年5月 2日 (水)

花林檎

Hanaringo
昼月に兎はをらぬ花林檎





☆5/2記念日俳句☆

羊羹は丸ごとかじる緑茶の日   

(緑茶の日)

2007年5月 1日 (火)

五月



磔刑のごと山の湯に浮き五月





☆5/1記念日俳句☆

ウェディングベル スズランの日を震わせて

(スズランの日)

山藤


今当地を歩くと山藤がそれはみごとです
前ばかり見ていると気がつかないのですが
ちょっと上を見上げると 手を伸ばせば届くところから 
ものすごく高い木のてっぺんまで
あるものは波打つように 
あるものは流れ落ちる滝のように・・
思わず見惚れてしまいます

もちろん方々のお宅の庭にもたんせいされた藤がまさに満開
藤棚の藤も本当に素晴らしいですが 野性のものも大好きなんですよ♪ (^-^)

Yamafuji








道路の真ん中に鳥がいて 
当然カラスかと思ったらなんと雉ではありませんか
重そうに飛び上がり 畑の中に舞い降りました
夢中でカメラを向けたけどいかにせん遠かった・・・
(ああまたまた望遠レンズがほしい・・)
子供を遊ばせていた近所の男性に「雉がいたんですよ」と言ったら
「ああこのへんにはいっぱいいるよ」とこともなげに言われちゃいました σ(^^)

でもほんとにきれいな鳥ですね
いつまでも「いっぱいいて」ほしいものです♪
日本の国鳥でもある雉に出会った「昭和の日」でございました

Kiji

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

時計

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想