« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

猫たち♪



散歩でいつも通るたんぼ道のそばの家
猫をたくさん飼っています
飼っているというよりそのへんに捨てられたり 迷い込んできたりした猫たちを見かねて面倒をみているという感じの・・・
いずれにしても頭が下がります
幸い裏は田園そのものですから 放しておいても(もちろん避妊手術も施しています)迷惑にはならず 猫たちも気ままにそのへんでリラックス

この猫ちゃん 畦道によくいるのですが
2頭の犬を連れた私が見えるとやっぱり逃げ腰・・・
するするとそばの柿の木にのぼってしまいました
ゴメンね~ 犬ってやっぱり猫を見ると追いかけたくなるらしくて (;^_^A
 

Kineko















このお宅には以前におでぶさんの白い犬もいました
亡くなったタジオとも仲良しでしたが タジオが死んで数ヵ月後
事故でやはり亡くなったそうです
だからこの犬と仲良しだった猫もいて
その子はうちの犬を見ると親しげに寄ってくるんですよ♪


Neko1 


どう見てもシャムだけど尻尾だけ日本猫
なんて感じの猫が多いです (^o^)

六月尽



砂時計さかさまにして六月尽




六月末日は一年のターニング・ポイント
折り返して今年の後半に突入ですね




☆6/30記念日俳句☆

もうお茶目なんだから!アインシュタイン記念日

(アインシュタイン記念日)

2007年6月29日 (金)

ででむし



ででむしの殻億年を巻きにけり





☆6/29記念日俳句☆

ビートルズ記念日霧に濡れる数珠  (ビートルズ記念日)


最初で最後だった来日記念日なんだ・・・
あの時も梅雨末期のうっとおしい気候でした・・・


2007年6月28日 (木)

蛇の仔




蛇の仔の決死の横断見届けり




2007年6月27日 (水)

梅雨の蝶2




この先は時頼の墓梅雨の蝶





北条時頼の墓所
紫陽花寺で有名な鎌倉の明月院にあります






☆6/27記念日俳句☆

ちらし寿司の日の部屋が片付かない  (ちらし寿司の日)


蝸牛




透く殻に海の記憶やかたつむり




Katatumuri






















☆6/26記念日俳句☆

露天風呂の日の光学10倍ズームカメラ


(露天風呂の日)

2007年6月25日 (月)

蚊食鳥



地下鉄は異次元から来る蚊食鳥






☆6/25記念日俳句

雨の日のうさぎは眠い住宅デー  (住宅デー)


ぐい呑み


先日デパートで見つけたぐい呑み・・・ってほんとは令茶用のお茶碗なんだそうですが
冷たい日本酒を飲むのに最高♪と 一目で気に入り 買ってきました
割れちゃっても ま 仕方ないかとあっさり諦めるにはちょっと高かったですが
色被せガラスの渋い紫の縁から 底にむかって濃くなるブルー
描かれた鉄線の風情が何とも優雅で・・・
考えてみれば最近は日本酒を殆ど飲まず ビールとワイン専門だったのですが
これを買ってから何だか急に日本酒が美味しくなっちゃってコロリと日本酒党に♪
恐るべしぐい呑み効果 (;^_^A

最近の日本酒は「冷や」を良しとするタイプが多いようで
すっと飲めて後味もいい♪
気にいった器で味わうと 美味しさ倍増なのは確かです
「雰囲気を飲む」 ことが半分以上を占めているのかもしれません

今日いただいたのは地元のお酒
隣町にある酒造ですが なかなか美味しいんですよ (^-^)


Guinomi
















梅雨の蝶


梅雨の蝶母さんなのと問ふてみる





☆6/24記念日俳句☆

空飛ぶ円盤記念日フリスビーを追ふ犬よ

(空飛ぶ円盤記念日)


2007年6月23日 (土)

夏至


夏至の日のさみしきペンギン想ひけり





ペンギンは北極にはいません・・・・






☆6/23記念日俳句☆

多分雨降るオリンピックデー  (オリンピックデー)


2007年6月22日 (金)

ラムネ



星潤むラムネの底に佇めば






☆6/22記念日俳句☆

黙々とスカラベは行くボーリングの日

(ボーリングの日)

ねぢりばな



今年は全然見当たらないなあ
いつのまにか終わっちゃった?と思っていたら
家人が役場の公園にいっぱい咲いているよ とおしえてくれました
行ってみるとクローバーにまぎれて見えにくいものの
なるほどたくさん咲いていて やっとご対面できたねじばなです
日当たりの良い芝生などがお好みのようですが 小さいからあまり目立たないんですよね
でもアップで見るとほんとに可憐な色とかたち
小さくてもれっきとした「蘭」の仲間だものね
雑草にしておくには惜しいけれど 栽培はけっこう難しいらしいです

Nejibana_1




















そして合歓の花が咲き出しました
まだまだつぼみが多いですが 満開が待ちどおしい♪
不思議な雰囲気を持ったこの花 夜に咲くだけ合ってどこか「夢」とつながっているように思えます

Nemu_1

















蛍袋


かくれんぼ蛍袋の中でくすくす





☆6/21記念日俳句☆

冷蔵庫の日どこかに眠る鍵ひとつ

(冷蔵庫の日)

2007年6月21日 (木)

日傘


雨傘をそのまま日傘に古都の路





☆6/20記念日俳句☆

渡りゆく風はなにいろペパーミントの日

(ペパーミントの日)

2007年6月20日 (水)

夏草



夏草の蔓ことごとく断線す




上からも下からも道路にせり出し はみだしてくるのは葛の蔓
手当たり次第に切っても2.3日後にはまた新手が・・・・
あの猛々しさ 不気味になることがあります (;^_^A



☆6/19日記念日俳句☆

香り立つ朗読の日のPOISONは   (朗読の日)



2007年6月18日 (月)

どくだみ



どくだみの冷めたハートに咲く花は







☆6/18記念日俳句☆

おむすびの日もあるから許すおにぎりの日

(おにぎりの日)




Yuugarasu_2


















しばらくからりと晴れた日が続きましたが
どうやらまた梅雨らしい日に戻りそう・・・

2007年6月17日 (日)

初ツーショット♪



あ ようやく見ることができました
なつめさんちのねずみちゃんと美齢のツーショット♪
子ねこ同士のお友達は初めてですが
双方なかなか優雅であります (^-^)
ねずみちゃん これからもちょくちょく遊びにきてね♪

Nm2 Nm1














ところで美齢 そういう切ないことを言うのはやめてよね
ちゃんと遊んであげてるでしょ・・・・(;^_^A

Mei6 Mei7













六月2




六月の空昏ければ水昏し






☆6/17記念日俳句☆

おまわりさんの日グラン・フェッテ50回  (おまわりさんの日)


2007年6月16日 (土)

六月



六月の晴れて故郷の空いろに


梅雨に入ったとたんからりと晴れた青空
おそらく6月の晴れの日は1年中で一番きれいなのではないでしょうか
さわやかな風が吹く土手を歩いていたら 自然と北海道を思い出し
家人と「北海道にいるみたいだね・・・」とひとしきり思い出話に花が咲きました

16日は驚いたことに東上線からくっきりと富士山が・・・
普通真冬の晴れの日にしか見えず 6月になんてあり得ない・・・@@
まだ真っ白な雪に覆われていました
前日ニュースで見た「農鳥」を見たい!と思いましたが いくらなんでも遠すぎか・・(∩_∩)ゞ




☆6/16記念日俳句☆

麦とろの日やうなぎから祝電     (麦とろの日)





ヘヴン第一号♪



ここ数年 西洋朝顔「ヘヴンリー・ブルー」を庭のあちこちに植えるのが恒例となりました
玄関わき 車庫の上のベランダに這わせるため 大きな鉢に植えつけます
今年は夕顔も一緒に植えました
ともかく植えたのはまだつい最近なのですが ツルをのばすと同時にどんどん花芽もつけ
とうとう今日ひとつ花が咲きました
まだ梅雨もこれからだというのに早すぎ・・・
こういう場合 ろくに伸びずにいくつか花を咲かせてハイ おしまい ということがあるので あまり感心できません
去年も同じだったのですが 
最初に植えた2003年には夏の間ひたすら葉を茂らせ
花が咲いたのが10月でしたから・・・
まあ夏の間花がないというのも寂しいということで 
品種改良がなされたのかな・・・??

それはともかく 大好きなこの花に早々と会えたのはやはり嬉しい♪
これから長雨の季節を過ごさなきゃならないんだよ~
(もっとも梅雨入り宣言と同時に天気予報は晴れマークばかりですが)(;^_^A
どんどん伸びて たくさん花を咲かせてね・・・


Heaven1_1



















2007年6月15日 (金)

立葵


三叉路のどちらへ行かう立葵






☆6/15記念日俳句☆

遥かなる千葉県民の日の青き海   (千葉県民の日)


紫陽花



今日は雨になりました
いよいよ当地も梅雨に突入でしょうか
紫陽花も盛りになってきたようです
今年は2年前に買った鉢植えの山紫陽花が咲きました
地植えのものと並べて楽しんでいます
紫陽花は土の質で色が変るということなので
いちおうそれぞれ違う配合にしたのですが・・
これは多分「くれない(紅)」という品種

Kurenai_2


















赤く咲かせるのには成功したようです
でもこちらのほう(名前忘れました)は
紫がかっていないブルーのはずなんですが・・

Yamaaji_2

















いったいにうちの庭土自体 どうも→赤に傾いているようで 
ブルーの地植えも紫がかってしまいます
イメージ通りの色を出すって なかなか難しいんですね


額紫陽花はのんびり屋さん
まだこれから色づくようです

Gakuaji_2


















古株の紫陽花も切り詰めから回復し 元気に咲いています
雨の日はもちろん 晴れた日も 
そして時間によってもさまざまな表情を見せてくれ
木漏れ日の下にゆらいでいる姿などは本当に美しい♪
ともあれ雨の大好きな紫陽花 梅雨入りは大歓迎なことでしょう

Ajiaka_1 Ajiao_1

どくだみ




この町の陰といふ陰どくだみ草



Dokudami_2

















「どくだみ草」という言い方はしないのでしょうけど
「どくだみ」だけだとホント作りにくいです・・・(-_-;)





☆6/14記念日俳句☆

映倫発足の日髪を切りすぎる    (映倫発足の日)


2007年6月13日 (水)

山法師



やまぼうし井戸より迸(はし)る谷戸の水







☆6/13記念日俳句☆

今頃は100号あたり鉄人の日    (鉄人の日)

Tetujin_1

いや この「鉄人」ではないんですけどね・・・
(∩_∩)ゞ

2007年6月12日 (火)

棕櫚の花




花棕櫚のでろりでろりと不貞腐る





☆6/12記念日俳句☆

恋人の日の白き花びらちりぬるを  (恋人の日)

2007年6月11日 (月)

麦の秋


かの笑顔机上に古りし麦の秋





☆6/11記念日俳句☆

梅酒の日浮き上がるもの沈むもの   (梅酒の日)

2007年6月10日 (日)

時の記念日




時の日やビッグ・バンの旅半ば




宇宙のすべては ビッグ・バンから始まった膨張の途上にあり
遠くにある銀河や星雲ほどそのスピードは速く
限りなく光速に近づいているという・・・

で 最後はどうなるんでしょうね という気の遠くなるようなお話です (;^_^A
ともあれ今日は「時の記念日」




☆6/10記念日俳句☆

ミルクキャラメルの日や天使のスキップ

(ミルクキャラメルの日)

おたまじゃくし♪



散歩の時 今は水に満たされた田を見るのが好きなので 
つい畦道を歩いてしまいます
植えられた苗がみるみるしっかりと根を張り 
葉がぴんとなって成長していく様子が一日単位でわかるので
当たり前なんだけど感動してしまいます
水田って私たちの記憶に深く刻まれた原風景なのかもしれません

そんな水田の中に発見♪オタマジャクシ (^-^)
今年初めて遭遇しました
水田がたくさんあるわりにはカエルの鳴声が少ないなあと思っていたのですが
ちゃんと無事にいたんだ・・・・
子供の頃 オタマジャクシやメダカを見つけた時のあの嬉しさがなつかしく思い起こされました

でも本当にその頃は夜などカエルの声はうるさいくらいで・・
それに比べたら数はぐっと少なくなっていることは確かです
メダカの絶滅が心配されて久しいけれど 
小さな生き物の命を守ることは 
結果的に私たちの未来を守ることに繋がると思うのですが・・・

Otama

2007年6月 9日 (土)

田掻馬



耕運機洗ふ田掻馬愛づるごと





・・・とでも言わない限り
「田掻馬」「田掻牛」は死語になってしまった日本です

でも泥だらけの耕運機を
ていねいに労わるように洗っていた農家の方にとっては
大切な現代の田掻馬なのでしょう




☆6/9記念日俳句☆

ロックの日メタルブルーな蜥蜴たち    (ロックの日)


2007年6月 8日 (金)

みずすまし




水面ゆく雲を乱さず水澄まし






☆6/8記念日俳句☆

成層圏発見の日指環をなくす

(成層圏発見の日)

2007年6月 7日 (木)

代田




あかねさす代田の雲に降り立てり





☆6/7記念日俳句☆

母親大会記念日レンチンを三度ほど

(母親大会記念日)

2007年6月 6日 (水)

立葵



6月に入ってだいぶ経ってしまいました
まだ梅雨入りというわけではなく 当地は爽やかな気候が続いています
昼間はちょっと暑く 
夜になるとひんやりと・・・という私としては大好きなパターン
梅雨入りはいつになるのか気になるところです

早くも立葵が咲き出しました
この花 以前から梅雨前に咲いていたでしょうか
私には ギラギラする太陽に白茶けた道の傍に 
しおれることもなく咲いている・・というイメージなのですが
今から咲くということは 当然真夏にはもう終わっているということで
何だかなあ・・・
立葵に限らず 花のサイクルが一部?でじわじわ変化してきているような
これもまた温暖化の一端なのでしょうか


Tatiaoi_1

巣立ち



空巣より仔つばめの羽ふはり落つ




2日ほど前から 仔つばめたちは夜になっても巣に戻らなくなりました
そうなると寂しいやら心配やら・・
すぐ近くの池の周辺で虫を獲っているようなので大丈夫なんでしょうけど (;^_^A
たくましい大人になって また帰ってきてほしいものです




☆6/6記念日俳句

かえるの日ってそのままやん田を歩く  (かえるの日)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

時計

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想