« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

今朝の秋


水音の草深きより今朝の秋





「今朝の秋」は厳密には立秋の朝のことなのですが・・

先週までの酷暑が嘘のように 今日も雨もよいの気温23度C
半袖では寒いくらい
おかげで実際の秋を感じることが出来ます

涼しいから良く眠れて暑さ疲れも癒えそう・・・
まあ晴れればまた嘘のような残暑が戻ってくるのでしょうけどね

2007年8月30日 (木)

案山子さん



いつもの通り川沿いの散歩道を軽快に歩いていたカノンとミーシャ
突然立ち止まり 固まってしまいました
警戒信号発令中

Kmkakasi1

















実は遠くからこれを見て固まっちゃったんですよね
特にカノンはいつもの道に見慣れないものを発見すると(たんぼに耕運機があったり 林道に伐った薪が積まれていただけでも)極端な警戒の態度を見せます
でもこの案山子さん はっきり言ってカノンじゃなくても怖いですホラーです~
アップにしたらThe sarasikubi という感じかな・・・
もうちょっと顔をきれいに拭いてあげるとか・・・ねえ?

Kmkakasi2

晩夏光



父と子のキャッチボールに晩夏光



このところ晩夏光どころか
雨模様でひんやりするくらい・・・・
あのジゴクのような暑さから急に開放されて
ボーゼンという感じです ( ̄。 ̄)



☆8/30記念日俳句☆

富士山測候所記念日かき氷は練乳で

(富士山測候所記念日)

2007年8月29日 (水)

茗荷の子



茗荷の子大きな子から刻まれり



数少ない日本原産のハーブ「茗荷」
今年の夏はよく食べました
胡瓜とともに刻んですし飯に入れるとさっぱりして最高
うなぎを食べる時のご飯にも混ぜたりします
刺身の「漬け」や お蕎麦 冷奴の薬味としても欠かせませんね

ところで俳句では3つの「茗荷」があって
若い茎の「茗荷竹」は晩春
おなじみ「茗荷の子」が晩夏
そしてその茗荷の子の開いた「茗荷の花」は初秋の季語となっており
えらくややこしいのです (;^_^A

そういえば茗荷の花は見たことありません
茗荷の子を水に挿しておいたら花咲くかしら?


バラ売りの背比べしてゐる茗荷の子






☆8/29記念日俳句☆

秋田県の記念日や渋谷ハチ公口  (秋田県の記念日)

2007年8月28日 (火)

無念!皆既月食 (/_;)


楽しみにしていた6年ぶりの皆既月食
心配していた通り当地は厚い雲に覆われ
結局見ることが出来ませんでした

でももしかして!と一縷の望みを託しつつ
散歩にはカメラと三脚を携帯

位置はここ と決めておいた農道のポイント
地上に近いほど雲に覆われ 月の出はまず無理と判明

078281














でも全く望みがないかと思うと こんな夕焼け雲が高いところに浮かんでたりして・・・

078282_2 















いっそ雨がどかどか降ってくれれば諦めもつくのに・・・
と 家に帰ってからも空のチェックを怠りませんでしたが
9時過ぎ 望み通り大雨が降り始めて 見ることの出来なかった月食は終わりました
TVの中継で見た札幌の月食 光がすべて消え 
暗い赤銅色に鈍く光る満月は見事でした


次はまた3年後だとか・・・・
う~ん 飛行機にでも乗らない限り 
確実に見る方法は無いのですよね・・・(-_-;)



ところで今日はタラッタ♪と美鈴も月食を見たかったのか
仲良く望遠鏡の前に集合しました♪

でもタラッタ♪寝てるし ヾ( ̄o ̄;)
Tm5











今度は二人そろって寝てるし!(ー"ー )
Tm6












やっぱり見られなかったようですね 皆既月食・・・・・

2007年8月27日 (月)

昼寝




昼寝の子涙の痕をそのままに





いい加減秋の句に専念したいのですが・・・・
いつまで続くこの暑さ (-_-;)



☆8/27記念日俳句☆

炎昼をジョギングするひと益軒忌    (益軒忌)

2007年8月26日 (日)

まだ炎天




炎天や刃物店ある蔵の町





これは好きで時々行く川越・蔵造りの町です
老舗の刃物店があるのですが
刃物ってほんとに氷のような冷たさがありますね
しばし暑さを忘れる光景でした



☆8/26記念日俳句☆

イギリスの名車Miniバースデーの日ガソリン高し

(イギリスの名車Miniバースデーの日)

2007年8月25日 (土)

炎天



炎天や飛行船ゐて鯨ゐて





40度近い炎天ですからね
鯨が泳いでいるのが見えたらヤバイかも・・・(-_-;)

飛行船もね
ついあのヒンデンブルグ号を思い浮かべてしまう
こんな暑い中 水素が自然発火して爆発したらどうすんの
なんて妄想が・・(現在はヘリウムを使っているとのことですが
へリウムって何っ?)


埼玉県川島町で撮りました
といっても遠い上に車走行中に発見
ようやく信号待ちで 精一杯ズームで・・・(;^_^A
「FRY WITH ME」って書いてあるようですね

Hikousen





















☆8/25記念日俳句☆

チキンラーメン誕生の日の沸騰点    (チキンラーメン誕生の日)



風船葛



去年近所で見かけ 和室の西日よけにちょうどいいと 
苗の発売を待っていたフウセンカズラ(風船葛)
ところがどの園芸店に行っても売っていません
やっと見つけたのはもう夏に入ってから
苗ではなく かなり大きくなったあんどん仕立ての鉢植えでした

まあいいかと倒れないよう鉢ごとプランターに埋め込み 
2階まで張ったネットの下に
ぐんぐん伸びて 涼しげな緑のカーテンを作ってくれました
名の通り風船のような実が可愛らしいですね♪
下のほうから茶色くなった実を割って種(これがまたユニーク)を取り出し
すぐ別の鉢に植えてみたらあっというまに芽を出してどんどん成長
はや2代目もがんばっているんですよ (^-^)

今年の種を採っておけば 来年からは苗の発売を待つ必要もないですね♪

Fusenkazura

2007年8月23日 (木)

秋の蛇


秋の蛇禊の如く川渡る 




某句会に出したら「ちぎり」なんて読まれてしまいましたが
禊は「みそぎ」です (;^_^A




☆8/23記念日俳句☆

処暑といふ峠の手前死屍累々     (処暑)

2007年8月22日 (水)

秋の蛾



ふいに飛ぶ秋蛾の影の淡さかな
   



☆8/22記念日俳句☆

ひそやかに遅れる夜明け藤村忌   (藤村忌)

2007年8月21日 (火)

夏の川



男等を子供に還し夏の川
 




ヒトさまのことは言えませんが
あそこに小さい魚がたくさんいた! 
(そりゃいるだろうよ川なんだから)とか
あのへんで魚が跳ねた!何だろう 
(だから何か川のサカナでしょ)とか言って
なかなか動こうとしない
歳をとっても殿方は川がお好きなようです
まあ子供の頃のわくわくした気持ちって忘れられないですよね♪





☆8/21記念日俳句☆

ふうわりと海月になりたいパーフェクトの日 (パーフェクトの日)

2007年8月20日 (月)

星祭




父母を訪ふ夜汽車は空へ星祭






今日は旧暦の七夕
今の時期ならば織姫(ヴェガ)も彦星(アルタイル)も
早い時間に頭上高く上がります
梅雨もとうに終わってお天気もたいてい良いし♪
俳句では七夕は だから秋の季語となります

今夜は宵のうちに少し雨が降り 今は晴れています
ふたつの星が逢う という意味の
「星合」という言い方も素敵ですね

2007年8月19日 (日)

麦藁帽



夫もまたかつて少年麦藁帽





夫も妻も「つま」と読むのですね
今では俳句や短歌の中で使われるのみでしょうか


夕べの雨の後 気温はぐんぐん下がり
何と今日は前日に比べ10度も低くなりました
東京へ出かける用事があったのですがおかげで楽だったこと♪
そのあと思いがけないアクシデントがあって最悪の一日でしたが・・

今もまだ涼しすぎるくらいの夜ですが
明日はまた10度くらい上がるのかも・・・
もう勘弁して下さい と言いたいですね

2007年8月17日 (金)

秋つばめ



集ひ来て風を計るや秋つばめ




最近電線につばめがずらりと並び
黙って空を見ている光景をよく見かけます
もう南へ帰る準備なのでしょうね
タイミングを計り いっせいに飛び立つのでしょうか
今年うちで孵った子も どうか無事で行ってこられますように





☆8/17記念日俳句☆

パイナップルの日松にりんごは生りませぬ

(パイナップルの日)

2007年8月16日 (木)

40.9度 (ー"ー )



40.9度  って何なんですかソレ・・・
溶解した雪うさぎは力なく思うのみです
当地の隣町 熊谷の本日の気温
まあ当地の場合 それより1度くらいは低いかもしれないですが・・・
(-_-;)


そんな過酷な毎日の 恋人というか救世主♪ という存在がこちらの西瓜です
今は昔のように大家族が少ない分 小さな西瓜の需要は多いみたい
小さくて丸い「小玉西瓜」もありますが もっぱらこのラグビーボールのような形のものを買っています
地元で採れるので 市価の半額くらい♪も嬉しい

ともかく35度(家の中の温度ね)の中で食べる冷えた西瓜の美味しいこと!
というよりもろに身体が要求するのでしょうね
西瓜にはミネラルが豊富で利尿 解毒 解熱作用があり
心地よくのどの渇きばかりでなく 「暑さによるイライラ」も鎮めてくれる作用があるのだとか
何だかすごく実感できます
水がわりに切っては食べています


今までの常識が通用しないような暑さ
熱中症で亡くなった方の殆どが「家の中で」というのがショックです
直前まで元気だったのに急に意識を失って・・・・というパターン
年代を問わず体力を過信しないで充分注意して下さい
水だけでなく スポーツドリンクなども必要だといいますね
西瓜もきっと 熱のこもった身体を優しく潤してくれることでしょう


Suika

ひぐらし



ひぐらしの森のどこかに指揮者ゐる





たくさんのひぐらしの鳴くのを聞いていると
そのハーモニーというか パートに分かれて歌い分けているような見事さが
まるで見えない指揮者に従っているような・・・





2007年8月15日 (水)

小さな夏



俳句のお友だちが可愛らしい折り紙の蟹さんを送って下さいました
ああ今年も夏の海を見ていないなあと思いつつ
ちょっとそれをイメージして・・・・・
ちいさなサンゴや貝は何年か前 ダイビング大好きの友人が沖縄のお土産に下さったもの♪

まあほんとのところ 真夏の海は今さらきつすぎるかも・・
でも海辺のレストランで海を眺めながら・・・なんていうのはいいですね
ほんとにここは海が遠すぎる・・・(おまけに実際行くとなると苦手な大渋滞に巻き込まれるのは必至なので)
海の近くに住む人がうらやましいです σ(・_・)


Kani

終戦忌




兜虫だつた空洞敗戦忌






今年もまた終戦日はカブトムシの句に・・・σ(・_・)


今日の当地は38度
殆ど風の無い地獄のような暑さです


「あの日もこんな風に晴れて暑い日だった・・」

映画やドラマで終戦記念日を回想するときによく使われる台詞

それから62年
日本は一応平和ですが
果たしてあの戦争で死んでいった人々に 胸を張れるような国でしょうか
そうなることを強く願って亡くなった人もたくさんいるのに・・・

はからずもお盆に重なる終戦記念日
この国のある限り これからも毎年重い疑問を突きつけられていく
未来永劫 少し悲しい日本の8月です


終戦忌喰い破られた兜虫

2007年8月14日 (火)

盆踊り



振返る貴女に似たひと盆踊り






「念仏踊り」が盂蘭盆会と結びついて広まった盆踊り
精霊を迎え 供養するのが目的だとか
地方によっては「亡者踊り」といって帰ってきた精霊として踊り
楽しんでもらおうとする行事でもあるようです


あそこで踊っている人
彼女に似ている・・・・・


流れ星



永遠の二分の一秒流れ星





期待していたペルセウス流星群
夕べは晴れてきれいな星空だったにもかかわらず
ひとつも見ることが出来ませんでした
タイミングが悪かったのかなあ・・・(T.T)
また来年の楽しみといたします

ともあれ1年中で一番流星の多いのがこの8月
晴れていれば これからも機会はあるかもしれません


俳句では「流星」は秋の季語
お盆も過ぎると夕方などには 
本格的な秋の風を感じることが出来るでしょう♪

2007年8月13日 (月)

灯籠



盆灯籠母の好みし花柄に




お盆の灯籠は不思議
見ていると何もかも幻想だったような
廻り灯籠は 逆に回したら時間が戻るかも なんて
時間を戻して両親と暮らした子供の頃に戻りたい
誰でもがどこかでそう願っているのかもしれません





☆8/12記念日俳句☆

今ならばも少し上手く育児の日    (育児の日)

夏の夜



立秋はとっくに過ぎましたが
当地では37.8度の猛暑が続いております
家の中でも軽く35度くらいに・・・
狭い庭の草木が日除けにがんばってくれていて
開け放した戸のどこを見ても目には涼しいので
エアコンは殆ど使いません
明るいのに「閉めきる」というのがどうも苦手です
まあ梅雨も長かったことだし 少しは夏らしく暑い期間も必要なのだと思い
しばらくはじっと我慢です

夕方になるとネットに這わせた夕顔・・というより夜顔が開きます
かすかな芳香があり 夜型の自分にとっては何やら親近感が・・♪
この数年 我家の夏には欠かせない花となっています

Yugao07



















そういえば今日は午後から快晴になりました
入道雲も無い 考えてみればそういう空って秋っぽいですよね
夕暮れに出る一番星は木星
続いてすぐその下に赤い星 アンタレス
暗くなるにつれ アンタレスを中心としたさそり座があぶり絵のように浮かびあがってきます

Sasori2
















さそり座をなぞってみるとこんな感じ(クリックして下さいね)
頭のほうにはもっと星があるはずなんですけど・・・大体ということで (;^_^A
左のほうに4つの星が見えますが これはいて座の一部
さそりに向かってつがえられた矢の部分だと思います

Sasori23







夏の風物詩ともいえるさそり座
これからはどんどん西に傾くのも早くなっていくことでしょう



ついでに さそり座の上にある木星をズームで撮ってみました
不鮮明だけどすぐそばにまとわりつくように写っている点々はガリレオ衛星みたいね・・
ちゃんと見たいけれど私の天体望遠鏡 
押入れのどこかで30年以上眠っているんでした・・・ (T_T)

Jupi2

2007年8月12日 (日)

お盆



地獄絵に泣いたあの日や盆の寺





先日行ったお寺の廊下には 
以前と変わらず何枚もの地獄絵図が掛かっていました
子供の頃はあれを見て震えあがったものです
どうしたら地獄に落ちずにすむのか必死で考えましたね
悪いことをしたらあんな恐ろしい目に合うんだ・・・って
どんな子供の心にも深く刻まれるでしょう
案外素晴らしい「教育」であるのかもしれません


地獄絵図赤が嫌ひになりし夏






☆8/11記念日俳句☆

めんの日や目黒区下目黒4-※-※    (めんの日)

2007年8月10日 (金)

昼寝覚



昼寝覚しばらく残る母の声




昼寝って朝と違って脳も神経も中途半端に寝たり覚めたりするせいか
やけにリアルな夢を見たり 目覚めた時今聞いていた声が鮮やかに残っていたりしませんか
私の場合どういう回路が切断されるのか 自分が誰でどんな立場にいるのか30秒くらいわからなくなることもあります
ちょっとコワイかも・・・・(;^_^A






☆8/10記念日俳句☆

焼き鳥の日ビールが無いという悪夢    (焼き鳥の日)

2007年8月 9日 (木)

日傘




江ノ島を日傘で隠す渚かな





暦の上ではすでに秋となりましたが
連日35度以上の猛暑にさらされていますので
とてもそんな気分にはなれないです・・・・
ともかく暑いです~・゚゚・(>_<)・゚゚・。






☆8/9記念日俳句☆

黙々と蟻の行列 長崎原爆忌    (長崎原爆忌)

2007年8月 8日 (水)

立秋



秋立つを知るや七時の薄闇に





梅雨明けが遅かった今年の夏
立秋も何のその まだまだこれからが本番という感じです
でも夕方の散歩(殆ど苦行ですが)の帰りに驚くのです
まだこんな時間なのにもう暗くなってきた って

夏至はとうに過ぎ もう秋分のほうが近くなっているのですから当然ですが
暑いのに日が短い・・・って何だか寂しいというか
理屈として秋を実感させられます


☆8/8記念日俳句☆

あおむしを見習っている葉っぱの日  (葉っぱの日)

2007年8月 7日 (火)

雲の峰



この町の最後のハスキー雲の峰



Ken1




















このKちゃん 正確にはアラスカン・マラミュートですが・・・
14.5年前にこの町に越してきた時たくさんいたハスキーも皆死んでしまい
この子だけが残っています
先日飼い主さんがひとりで歩いていたので もしやっ!と思い聞いてみたのですが
まだ元気でいるけど(^。^;)ホッ! もう散歩には行きたがらないとのこと 
こんなきれいな眼をしているのに 殆ど見えていないとも・・・

若い頃は飼い主さんをグイグイ引っ張って元気いっぱい歩いていたものです
この季節 北国の犬には特に厳しいことでしょう
夏を越したら もう少し元気になるかも・・・と祈りたい気持ちです

Ken2












☆8/7記念日俳句☆

トナカイの立場が気になるあかいはなの日

(あかいはなの日)



★2008/3/27追記★

このKちゃんは2008年3月はじめ
眠るように息を引き取ったそうです
17歳の大往生でした
Kちゃん 安らかに眠ってね

2007年8月 6日 (月)

原爆忌




原爆忌最初で最後の季語であれ





ぜんぜん俳句にはなっていないですが・・・・


先日新聞で森澄夫先生が「原爆忌」や「終戦忌」についてこんな風に書いていらっしゃいました


”原爆では併せて30万人の命が奪われ 太平洋戦争では310万人もの戦死者が出た
ボルネオでいくさの修羅を体験し 故郷・長崎の惨状を知るぼくにはそうやすやすとこれらの俳句を詠む気にはなれない
ところが歳時記にあるからというだけで作り 死者に対する何の痛みも置かない俳句が多いのは実に悲しいことである”


本当に 経験された方にとっては苛立たしい現実なのでしょう
そのお気持ちは良くわかります

でも後から生まれた者にとっては 経験が無いのですから
どんなに想像力を働かせても同じ思いは持てないのも当然のこと

むしろ形骸化した季語だけが残る というのがせめてもの理想なのでは・・・


間違っても新たな「原爆忌」など作ることは許されない
それが今を生きる者たちの使命だと思うのです



青栗



ふたつみつ青栗蹴りて哀しかり






☆8/5記念日俳句☆

肉球のひび割れてゐるハンコの日  (ハンコの日)


オリジナルのハンコも楽しいですね
それにしてもハンコがこれだけ重要な意味を持つのは
わが国だけのようです

Yukiusahan_2 

2007年8月 4日 (土)

ひぐらし




ひぐらしのソロはカノンに明けの月






☆8/4記念日俳句☆

箸の日や優しき川風神代から   (箸の日)

お知らせ σ(^^)



俳句の部屋」に7月の句をUPいたしました
ということで更新出来なかったHPも何とか復旧いたしましたので
ひと安心しているところです (;^_^A


時計草




しあわせを浪費した日々時計草







☆8/3記念日俳句☆

ハサミの日月夜の蟹のランデヴー   (ハサミの日)

2007年8月 2日 (木)

キツネノカミソリ




山奥ヘ狐ノ剃刀ゴ案内



Kitunekami

















季語として記載されているのは私の持っている中では
山本健吉の季寄せのみ
しかも本当は「花」(あるいは咲く)をつけるべきなんですが・・・(;^_^A

えっ!?もう彼岸花!?と一瞬思いました
まあ同じ彼岸花の仲間なんですけど
彼岸花と比べて暗めのところに咲くとありましたが
これは広々と明るい川土手に咲いていたものです





☆8/2記念日俳句☆

BGMは”スカボロー・フェア”などハーブの日  (ハーブの日)



飛べるまでそばにゐやうか羽化の蝉



Ukasemi
















先日の大雨の翌日
せっかく地面から出たのに雨で流されたのか
羽化しかけのまま死んでいる何匹かの蝉を見ました
ほんとに切なくなりますね・・






☆8/1記念日俳句☆

とりどりの旗はさんかく観光の日  (観光の日)

2007年8月 1日 (水)

朝の八甲田



八戸のお土産にいただいたチーズケーキ
「朝の八甲田」
ミルクを流したようにたなびく朝靄の さわやかな八甲田の朝をイメージして作られたのだそうです
なるほど そうしたイメージはお土産には特に大事かも

スフレタイプだけどクリーミーで濃厚な味わいがあります
といってもサイズはごらんの通り小さいので 
大きなケーキはちょっと・・・というダイエット中の方にも安心?
濃い目のコーヒーによく合います♪
すべて冷凍されているので 食べる時に常温で解凍します
冷凍だから日持ちがするし ちょっとだけ食べたい時に便利ですね

Hatukouda

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

時計

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想