« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

本日の桜



当地の桜も本格的に開き出しました
なのに何ということ、ものすごい風が吹き荒れています。
せっかく咲き始めたのに・・・とヤキモキ
この季節はほんとに桜のせいで気が休まりません。

犬たちとの散歩も当分近所の桜ツアーになりそうです。
今日はまだ開き始めのせいか、強風にもめげず、三分から五分咲き。
日当りとか風が当たるか否かで、同じ地域でも開花の状況はずいぶん違うみたいですね。

Sakura331

















満開のミモザも風に吹きちぎられそうになりながら、しっかりと咲いていました♪

Mimoza













2008年3月30日 (日)

桜の季節



昨日川崎に出かけたら、いきなり満開の桜でした。
当地ではまだまだの感じだったので、電車の窓から見てビックリ
武蔵小杉の駅周辺で迷ってしまい、とんでもない方向に行っちゃった時、
この桜に出会いました。

Sakurakawasaki2
















なんと見事に満開。
疎水の上に重たげな無数の花房が、まだ散ることもなくかすかに揺れておりました。

方向音痴もたまにはいいことあるのかも・・・・coldsweats01

Sakurakawasaki1














今日は車で近所を下調べしたところ、
当地はまだ三分~六分咲きといったところ。
風も冷たいので、開花の速度も鈍るかもしれません。


そんな中で見つけたしだれ桜。
農家の庭先にある、かなりの大木 cherryblossom

Sidare


















庭にこんな桜があるなんて・・・ほんとにうらやましいです・・・



我家では十数年前母にもらった沈丁花が満開で、
窓を開けるたび素晴らしい香りに包まれます。
裏庭に面した斜面では今年爆発的に増えた花大根の群れ。
優しい紫色に心なごみます。confident

Jintyo Hanadaikon












2008年3月27日 (木)

落椿

Benituba2



















落椿夢の続きにゐるやうな




すっかり暖かくなって桜もいよいよ開花カウントダウン
咲き始めると、やれ雨が降ったらとか風が強いとか
心配で心休まらない日々が始まるんですよね・・・・sad

Sakuratubomi















2008年3月26日 (水)

春の虹



昨日は上空で寒暖の空気がせめぎあっていたらしく
夕方かなり激しい雷雨となりましたが、空は半分晴れて日光も。
こんな時は絶対虹が出る!とまだ降っている雨の中散歩に出ましたら
やっぱり出ていましたwink

七十二候の「虹始見」(虹はじめて現れる)は
来月になってからなのですが、
実際は三月中が多いようですね。


うっすらとですが二重の虹。
春の虹らしく、他愛無く消えてゆきました。

Harunoniji

















春の虹二重となりてなほ淡し


2008年3月24日 (月)

春うらら



小さい頃から甲府へは何度も来ていますが、
昨日みたいに周辺の山がよく見えたのは初めてかも・・・。
アルプスの山々も、まだまだ雪は消えていないようです。

Koufu

















春うらら違反切符を賜れり



彼岸



母の三回忌に甲府へ行ってきました。
去年は雨に降られながら走った高速道路。
今年はお天気が良く快適♪
何より圏央道が八王子まで完成してめでたく中央高速にドッキング済。
これにより家から5分の関越のインターから入れば、一度も一般道に下りることなく
ダイレクトに甲府まで行けちゃうのです

思えばこちらに越してきた10数年前は練馬まで行って万年渋滞の環八を通り、中央道のインターにたどり着くまで何時間かかったことか・・・。
隔世の感があります。

富士山もよく見えました。
中央道、初狩S・Aから見た富士山です。

Fji080322

















墓石のほんのりぬくき彼岸かな




2008年3月20日 (木)

初蝶



今年は何だか一夜明けると春になっていた、というような感じがします。
ついこのあいだまで散歩にはダウンコートに帽子や手袋が必携だったのに、今ではすっかり軽装。
クルマに乗る時も今までの調子で上着を着たままだと、暑くて気分が悪くなるくらいです。

白・赤・ピンクの梅や花桃も満開
モクレンもいっきに咲き出し、草の緑も萌え出してきました。
陽気な♪のようなツクシもあっというま整列して♪

Tukusi08














夕方のニュースで、この近隣で初のモンシロチョウが見られた、と言っていました。
ハイ、私も確かに見ましたよ(*^0^*)
土手に咲いていたこの水仙の群れから、2匹の白い蝶が飛び立つのを・・・。

Suisen2

















初蝶の少しよろけて風に乗り


2008年3月19日 (水)

蓑虫



川べりを歩いていてふと、川に向かって突き出している小さな木に注目しました。
最初、枯葉が残っているのだと思いましたが何かヘン。
良く見ると、え?これってミノムシ??

Minomusi
















近年中国から進入したヤドリバエのせいで、ミノムシが絶滅の危機にあると聞いていたのでにわかには信じがたく、よくよく見ましたが、やっぱりミノムシみたい。
この写真は二度目に行った時のものですが、最初に見た時には数倍の数がありました。
何でまたこの木だけにこんなにたくさん・・・
不気味半分、嬉しさ半分。



俳句では蓑虫は秋の季語
枕草子の、”蓑虫、いとあはれなり。鬼の生みたりければ、親に似てこれも恐しき心あらんとて、…八月ばかりになれば、「ちちよ、ちちよ」と、はかなげに鳴く、いみじうあわれなり”
から来る「鬼の子」「鬼の捨子」「みなしご」などの、何とも悲しい別名を持ちます。
(蓑虫は鳴くことはなく、おそらく鉦叩きの声と間違えたらしいとのことですが)

改めて調べてみると、実際ミノムシってこんな壮絶な生涯を送るんですね・・・
害虫ながら古代から親しまれてきた虫だけに、絶滅してしまうのはあまりに可哀想な気がします。
秋にはまた、新しいミノムシとなって、句に詠むことが出来ますように・・・。confident


2008年3月13日 (木)

春落暉




鉄塔にゆつくり刺さる春落暉


Haruratuki





















2008年3月11日 (火)

三月十日




Benituba_2



















風船を放つ三月十日の空



2008年3月 8日 (土)

野火



いつも通る農道で畦焼きを見ました
聞いてみるとやはり害虫を殺すために行うのだそうです
けっこう風があったのですが
「少し風が無いと燃えないんだよ」とのこと

Nobi
















火が燃えるのを見るのはなんとなく気持ちがいいです
乾燥した枯れ草は他愛無く燃え 
時折ドキッとするような炎が上がったり・・
この時期 枯れ草火災のアナウンスがよく聞かれますから
気をつけなければね



野火の果て裸足の女を見たやうな


なずなの辛子和え


菜の花の辛子和え?
じゃなくてこれ ナズナの花の辛子和えなんです

Nazuna













ナズナの花だけを摘み取り(踏んづけられたような道端のはイヤなので
斜面に生えているものを選びました)
塩水でさっとゆで 水に放ってから水気をしぼります
くせがないのでアク抜きの必要もないのが嬉しい
あとは普通に辛子しょうゆで和えるだけ
菜の花やブロッコリーなどと同じアブラナ科なので 味も似ています
きっと味噌汁などに入れても美味しいでしょうね

ナズナは小さいので 摘み取るのにけっこう時間がかります
でも春になると一度は食べたくて・・・

あ でも「ぺんぺん草の辛子和え」と言うとちょっと引かれてしまうかも・・・coldsweats01


2008年3月 6日 (木)

啓蟄



川に映る雲も何となく春めいて・・・
でも風はまだ冷たい日々

Kawakumo2 















今日は「啓蟄」
二十四節気のひとつで
冬眠していた虫や蛇などが這い出してくるという
私としてはあまり嬉しくない?日です
もちろん「無用な生物」などいないのであって
虫も例外ではないのですが・・・・・・・ 

思えば子供の頃は平気だったのに
年をとるにつれ 苦手な虫が増えているような気がします
う~むこれもやっぱり「文明に毒されている」ことの一環かな



啓蟄の夜明け微かな地震あり


2008年3月 3日 (月)

ひひな



いいトシをしてついうきうきしてしまうのがひな祭り♪
こんな雛菓子があったので思わず買ってしまいました
何とも優雅で可愛らしいです
白餡が美味しそうheart

Hinagasi


















Hina08_3   平成の始めの頃に買ったうちのお雛さま
飾りながら あ ちょっと色褪せたかなと思いましたが
もう十数年経っているんですものね
飾る時 しまう時は白い手袋をして素手ではさわらないようにしていますが
やはりだんだん汚れてくるし
でも衣装が少し古びて 落ち着いた色調になるのもけっこう良いものです
そういう意味では お雛さまもゆっくり年をとっているのかな



今年は中国産しかなくてハマグリはパス
定番のスモークサーモンのちらしずしだけお供えしました




灯を消せば闇にひひなの息づかひ

 

雛の夜


♪お嫁にいらした姉さまに良く似た官女の白い顔・・・・
というお雛さまの歌がありましたが
三人官女って何となく気になる存在
三人三様 何かドラマがあるような・・・・


今年はギリギリになってお雛さまを飾りました
猫をシャットアウトするため 居間からは見えないのが残念

Kanjyo


















かの夜に男雛と出奔したさうな


道種浸け花



冬の寒い時期 植物が地面にへばりつくように横に葉を広げる状態を
「ロゼット」というそうです
冷たい風を避け 少しでも陽にあたるための工夫でしょうか
ロゼットとは「小さなバラ」という意味だそうで なるほどバラの形にも似ているかも
春の七草やたんぽぽなど おなじみの殆どの野草に見られますね

Mititane1
















これ 最初「クレソン??」と思ってしまいました
葉がソックリなんだもの
でも調べてみたらどうやら「ミチタネツケバナ」という野草らしい
クレソンの仲間ではあるようです
タネツケバナの中には食用になるものもあるらしいですが 
これは食用とは書いてなくて残念
緑がとても美味しそうなんですねどね


たんぼのわきを流れる疎水の壁に
こんな状態で生えていたんです
とてもたくましいですね
もうすぐ暖かくなったら 勢いをつけてどんどん広がりそう・・・・(^-^)

Mitinane2
















« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

時計

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想