« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

ハロウィン

Hallowin



























あくりょうたいさんきゅうきゅうにょりつりょうハロウィン




”急急”の急には、ほんとは口偏がつくようですが、PCでは変換不可能です。
”南無三”とか”くわばらくわばら”と同じように、悪魔を退散させる呪文の一種。

最近の日本も悪霊がいっぱいって感じ。
ほんと、国ごとお祓いでもしたくなるような。




2008年10月30日 (木)

黒葡萄

Kurobudo2





























ゆびさきのよるをむくごとくろぶどう





2008年10月29日 (水)

たんぽぽくん


たんぽぽの返り咲いてはみたものの

Kaeritan_3

世の中はすっかり秋ですね・・。
どうする?たんぽぽくんcoldsweats02


2008年10月28日 (火)

柘榴


Zakuro






















まがときのざくろかじればちのにおい



2008年10月27日 (月)

ミラーサイトに (;^_^A

「渺茫/本日の一句」が今年中にシステム変更で大幅リニューアルの予定。
ちょっと過去記事の保存に不安があるので、
こちらをミラーサイトとして活用することにしました。
記事は渺茫と同じものです。

水の三島


水涸れし水の三島の秋寂びて

Rakujyu




















静岡県三島市は小学校から高校までを過ごした第二の故郷。
家族がいるので今でも時々遊びに行きます。
水の都と言われ、市内いたるところに湧水があって縦横に川が流れていた頃の面影は、
残念ながら今はありません。
隣町、清水町の柿田川が当時の面影をとどめています。
写真は市内の公園、楽寿園。
以前は真夏でも冷たい水が豊富に湧き、夏休みなどにはよく遊んだものです。
今はこの通り、水位ゼロのことが多くて・・・。

でも昔の川を取り戻そうという運動は地道に行われており、
水量は比較にならないものの、川はきれいになり、整備もされつつあります。
あのまま水の町を生かしていたら、どんなに素敵な観光都市になったかと思うと残念ですが、
私のもと同級生たちも含め、努力をしている人たちに敬意を表します。


Yusui

















(楽寿園近くの桜川のほとりには、水の三島が描かれた司馬遼太郎、太宰治などの文学碑が。)

2008年10月26日 (日)

鰯雲

Iwasigumo

















ふぞろいなアンテナのまちいわしぐも




ここ数日、雨とどんより曇りの日が続いています。
早くまた秋晴れの空を見たいなあ




2008年10月25日 (土)


Kuri

ききのよのそのまたむかし栗をはむ


何千年も前の縄文時代から、人は栗を栽培していたのだとか。
その頃は栗に限らず、実りの秋をどんなに待ちこがれたでしょうね。
茹でた山栗を食べ食べ、遠い昔に思いを馳せます。




2008年10月24日 (金)

落葉

Paris46

ひろいきしパリのおちばをしおりにす



何で同じとこばかりに行くのと言われても、
パリが好きなんだから仕方ない。
何だかほんとに自由になれる、そんな気がするのです。
下町のカフェでぼ~っとしているのが一番好き。
ぼ~っとしすぎて、いつも俳句は全然出来ないんですけどね。



2008年10月23日 (木)

百舌

Mozu


























そらさきてわたしのかわりにもずがなく



2008年10月22日 (水)

蓑虫

Minomusi































おにの子をねむらせ風のこもりうた



ご存知のように「鬼の子」は蓑虫のこと。


蓑虫、いとあはれなり。
鬼のうみたりければ、親に似てこれも恐しき心あらむとて、
親のあやしき衣ひき着せて「今、秋風吹かむをりぞ、来むとする。待てよ」
と言い置きて逃げて去にけるも知らず、風の音を聞き知りて、
八月ばかりになれば、「ちちよ、ちちよ」と、はかなげに鳴く、いみじうあわれなり。



枕草子にこんな一節がありますが、鬼の子という呼び方はこんな古くからあったのですね。
オオミノガという蛾の幼虫とのことですが、最近この幼虫に寄生する”オオミノガヤドリバエ”が増え、
オオミノガは絶滅の危機にあるとも言われています。

でも当地では今のところこのように健在。
(とはいえ寄生されて中身は食べられちゃってるのかも?)
せっかくの哀愁ある秋の季語、いなくなってしまったら寂しいです。

2008年10月20日 (月)

虫時雨

Musisigure

























虫時雨のピークはもう過ぎてしまった感がありますが・・。
この時期夜になると停車中の電車の開いたドアから、
外で鳴いている虫の声が入ってきます。
しばしの静寂と、聞こえるのは虫の音だけ。
電車がガラ空きだったりすると何だか寂しさを誘われます。
ドアが閉まるまでのわずかな時間、
その郷愁めいた寂しさを楽しむのもまたオツなものです。

2008年10月19日 (日)

秋草

Akikusa

















あきくさのさしあふるるもさびしかり




秋に咲く花もあるのだよ、と言いたげな、ちょっと諦観の入ったような風情。
こちらも歳を重ねると、その姿に知らず知らず共感を覚えるのかも。
やがてひっそりと立ち枯れていくのも好もしい。
そうなるまでは、元気に咲き続けましょう♪

2008年10月18日 (土)

烏瓜

Karasuuri




























あの美しかった花がもうこんな実を結びました。
貴方が亡くなられたと聞いても詳細がわからず、
受け入れることが出来ぬまま、
いまだにご冥福をお祈りすることも出来ない私をお許し下さい。

いつの日か、心安らかに祈れる日が来ることを願います。




2008年10月17日 (金)

秋真昼

Akihiru




























みみなりかちゃくしんおんかあきまひる

2008年10月16日 (木)

にっぽんの色や柿色柿の空

Kakizora


本日は秋晴れ。
青空に鮮やかな柿の実、そろそろ食べごろでしょうか


2008年10月15日 (水)

野紺菊

Nokon

























うらないはあえぬでおわりのこんぎく



2008年10月14日 (火)

露の世

Kousoum_2































私などは5階以上には住みたくないですが・・・
50階以上の高層マンション、どんどん増えているようです。
確かに見晴らしは良くて気持ちがいいかもしれないけど、やっぱり怖いなあ・・・・。

これは勝どきにある超高層マンション”THE TOKYO TOWERS”
58階建てのツインタワーです。
天気の悪い日は、上部が雲に隠れそう (;^_^A

良夜

Ryoya_2 

Tuki081013b_2















月がまっぷたつ!? coldsweats02

Tuki081013















電線でした coldsweats01








2008年10月13日 (月)

流星


Seizaban_2































2008年10月11日 (土)

十三夜

Jyusan






















いい月夜だね







いい月夜です





大荒地野菊

Areti



























大荒地野菊この先行き止まり



という句に合わせるため、大荒地野菊の群生を探したのですが、
そういう時に限ってみつからない。face04
あるのはセイタカアワダイソウばっか。

いくらでも見たことあるはずなんですけどね・・。


http://park23.wakwak.com/~koda6/7g/hana7-26.html


大荒地野菊、そのまんま、という名前ですが、妙に惹かれるものがあります。

2008年10月10日 (金)

林檎


Ringo_2



























まよなかのまじょにならんとりんごくう



2008年10月 9日 (木)

秋燦爛

Akisanran






















さんらんとどこにも君のいない秋



2008年10月 8日 (水)

実むらさき

Mimurasaki

























「源氏物語」苦手です~
何度か読み始めましたがいつも挫折。
日本を代表する古典文学と言われてもねぇ・・・
恋多き男は却下というか。
恋多き女は許す!けど(笑)


2008年10月 7日 (火)

天上の青

Hblue

























夕あかね”天上の青”閉じぬまま





大好きで毎年植えている西洋朝顔、ヘヴンリーブルー(天上の青)
最初に植えた時は葉ばかり茂っていっこうに花が咲かないので、
もう少しで切ってしまうところでした。
朝顔が短日性であり、特に西洋朝顔は花が遅いと知り、目からウロコ。
9月の末から10月、時には12月頃まで、倦むことなく咲き続けます。
今はもう朝咲いて日が沈むまで、きれいなブルーを保ったまま、しぼむことはありません。

”天上の青”
これもまた、美しい故に悲しい名前なのかも・・・・。


秋の朝顔

Koasagao2


















野に逃げてついのかがやき濃朝顔




裏庭のむこうはほったらかしになっている斜面なので、
どんどん外にはびこっていくうちの朝顔もほったらかし。

でもあんどん仕立ての朝顔もいいけれど、
花もすっかり小さくなって、半ば野生化したような秋の朝顔が私は好きです。
来年はまたこぼれ種で、たくさん生えてくることでしょう。



2008年10月 6日 (月)

笑栗


笑栗を拾ふチェシャ猫日和かな


Emiguri























えみぐりをひろうチェシャ猫びよりかな





作者にも意味不明です。(笑)

Tyesya_2















2008年10月 4日 (土)

花野

Hanano




















晴れていれば目の前にどーんと富士山が見えるはずなのですが・・・。
ちょっと残念だった河口湖のほとりです。




2008年10月 2日 (木)

Sake2



















ふるさとへ帰りて果てむ鮭のごと




道産子の私は今でも北海道へ帰りたいのです。
結婚と同時に永住するつもりで戻ったのに、
夫の東京転勤で、それっきり帰してはもらえなかった・・(涙)


引越しの多かった人生ですが、好きなところに住みたい、という願いは
なかなか叶えられないようです。


2008年10月 1日 (水)

通草

Akebi2




























空洞の深さよ通草(あけび)と  わたくしの





あけびの実がいっぱい生っています。
ぱっくり口を開いた、よく熟れた実はずいぶん高いところにあって悔しかったりして。
とっても甘いけど種が多くて、食べるというより舐める状態?

でも甘いものが少なかった昔は、
子供たちがどんなにわくわくしてあけびを探したか、
想像がつきますね。
confident

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

時計

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想