« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

夏薊


北陸の駅みな淋し夏薊


Eki

















ほくりくのえきみなさびし なつあざみ




まあとかく一人旅はセンチメンタルになるものですが・・・

下は金沢駅の売店ですが、店員さんのうわっぱり?といい、
もろ「キヨスク!」という感じ。(公衆電話もちゃんとあるし~)
首都圏ではもう見かけない光景で、
何だかタイムスリップしたみたい。(;^_^A

Eki2_2




















2009年5月30日 (土)

雪渓

Setukei4





















せっけいや しゃそうのきせつもどりゆき





2、3日金沢に行ってきました。
越後湯沢からほくほく線に乗り、トンネル地帯をくぐって日本海に出て・・
初めてだけど、やはりけっこう遠いですね~。

アルプスの山々でしょうか、雪渓を抱いた連山が。
薄曇でいまいちクリアでなかったのが残念でした。




2009年5月29日 (金)

晶子忌

新緑の歌碑への小径晶子の忌

Akiko














しんりょくのかひへのこみち あきこのき




今日5月29日は与謝野晶子の忌日。
当地にも晶子の歌碑がひとつあります。
昭和14年にここを訪れ、詠んでいった歌のひとつ。

槻(つき)の川 赤柄の傘をさす松の
立ち並びたる山のしののめ

この歌碑のある嵐山渓谷一帯は昔から風光明媚な地として知られ、
現在でも多くの観光客が訪れます。
10年前にさいたま緑のトラスト基金により保全地区に指定され、
キャンプ場やハイキングコースなども整備されていますので、
東京からの日帰り旅行にも手頃ですよ♪



2009年5月26日 (火)

五月闇

Wine2





























くちうつすワインちのごと さつきやみ





2009年5月25日 (月)

夕河鹿

Kajika2





















てつなぎて つまとわたるせ ゆうかじか



清流に棲む河鹿蛙。
コロコロという哀愁を帯びた声は「河鹿笛」とも言われるほど。
地味な姿なのでなかなか見つけられないのですが、この時は声をたどって
運良く石の上で鳴いている河鹿蛙をキャッチできました。
夕暮れどきは特にもの悲しく響き、「夕河鹿」という季語にも納得です。

2009年5月24日 (日)

若葉風


吾子抱けば薄荷の匂ひ若葉風

Wakaba_2

























あこだけば はっかのにおいわかばかぜ





「吾子抱けば」なんてあっというまに遠い昔になってしまいました。
淋しいなあ・・・・。。。。。(( T_T)

Wakabamukasi2_3


















2009年5月23日 (土)

竹落葉

さやさやと昔がたりを竹落葉

Takeotiba2






























さやさやとむかしがたりを たけおちば





2009年5月22日 (金)

聖五月

Seigogatu2






























はりつけのごとゆにうきて せいごがつ


2009年5月21日 (木)

緋牡丹

ほんたうはあなたが嫌ひ緋ぼうたん

Botan6





















ほんとうはあなたがきらい ひぼうたん






「緋」の牡丹には出会えませんでしたが・・。
あまりに華やかで完璧な姿にはちょっと反発もあり。



麦畑

Mugi2



























むぎそよぐ かぜのきせきをそのままに





「麦秋」というにはちょっと早い麦畑。

2009年5月19日 (火)

蛇苺


蛇いちご分け入るほどに太りける

Hebiitigo





















へびいちご わけいるほどにふとりける





日当りの良いところにある蛇いちごは小粒で愛らしいのですが、
日陰のやぶの下などでは、ぎょっとするほど真っ赤で大きなものをみかけます。
やはり”陰”のイメージが似合う感じ・・。
think

2009年5月18日 (月)

代田

Sirota4
























さざなみのゆうひによするしろたかな




2009年5月17日 (日)

ヒルザキツキミソウ

Hiruzaki4_2



















つきみそう きみなきにわにともりしか





昼咲き桃色月見草(エノテラ)
アカバナ科マツヨイグサ属
原産は北アメリカ中南部

Hiruzaki3_3




















これもあなたが好きだと言った花でしたね。
だから私にとっても大切な花になりました。


たくましく、道端で雑草化しているヒルザキツキミソウ。
でも何てきれいなんでしょう。
この花を見るたび、まだ鋭い痛みが胸を走ります。








2009年5月15日 (金)

杜若

Kakituba



























かきつばた さんだいまえはぶしのいえ




実を言えばあやめと菖蒲とかきつばたの区別が全然つきません。
(;^_^A
尾形光琳の絵の杜若、すっと男性的で武士のイメージがあって好きです。
なかなかあのような杜若に出会うことが出来ず、残念・・。


2009年5月14日 (木)

天空のポピー

罌粟畑どこかに不思議の国のドア

Kesibata2


















けしばたけ どこかにふしぎのくにのドア




これは2年前の写真ですが、東秩父村、秩父高原の「天空のポピー」
ちょうど満開で真っ赤な色が青空に映え、それは見事でした。
今年も咲いているのかな・・?

Kesi3


















2009年5月13日 (水)

罌粟の花


ぽんと罌粟 赤ずきんちゃん気をつけて


Kesi2




















ぽんとけし あかずきんちゃんきをつけて


2009年5月12日 (火)

棕櫚の花

Hanasyuro































はなしゅろの でろりでろりとふてくさる






それってホントに花なの?というのは人間の思い込み。
別にふてくされてるわけではないよね、ゴメン。 (∩_∩)ゞ

2009年5月11日 (月)

桐の花


桐の花雲に近いといふ孤独


Kiri2





















きりのはな くもにちかいというこどく





桐の木って背が高いので花が咲いていてもなかなか目に入らず、
地面に落ちた花を見つけて初めて上を見上げる、ということが多いです。
昔は女の子が生まれるとお嫁入りの時に持たせる箪笥を作るために桐の木を植えたそうですが、
そんな習慣も過去のものとなってしまいました。




2009年5月10日 (日)

青嵐


骨壷の蓋が閉まらぬ青嵐

Aoarasi2




















こつつぼのふたがしまらぬあおあらし





2009年5月 9日 (土)

五月晴

Sounohi2

























そうのひの かなしいほどにさつきばれ



”五月晴”の本来の意味は梅雨の晴れ間ということらしいですが・・
今では五月のさわやかな晴れというイメージが定着しているようです。
そんなお天気が、ようやく関東地方にも戻ってきました。

2009年5月 8日 (金)

夏立てリ

Natu2
















のびのびと ながきてあしになつたてり





※今回はフリー写真素材を使用しております。

2009年5月 7日 (木)

雨降れば・・。

Amenoyama





















あめふれば ひすいしたたるやまよ しょか




当地は今日も冷たい雨模様・・・。

2009年5月 6日 (水)

立夏

モネの絵に踏みこむ心地夏来る

Natukitaru


















モネのえにふみこむここち なつきたる






立夏になったとたん、今までの陽気が一変して、
また肌寒い雨になってしまいました。
これから梅雨に入るまで、1年中で一番美しい、
五月の爽やかなお天気を楽しみたいものです。




2009年5月 5日 (火)

端午の日

武者人形重ねし吾子のおさな顔

Kintoki3





























むしゃにんぎょう かさねしあこのおさながお




金太郎さん。
うさぎと熊の行司をしています。
これは父の人形なので80年以上前の大正時代のものです。
もうボロボロなのですが・・何故か私が持っています。
下は平家の扇を打ち落としたことで有名な那須野与一。
昨今は戦争の道具である武具や武者人形は敬遠されがちだとか。
鯉のぼりも男子の立身出世を願うより、ファミリーの象徴のようになっていますね。


Musya

























2009年5月 4日 (月)

春愁

シャンパンに春愁一滴垂らしけり

Sparing3




















ということで、春ももう終わりですね。




2009年5月 3日 (日)

永き日の

永き日の渋滞にゐる聖家族

Jyutai6

















ながきひの じゅうたいにいるせいかぞく





予想通り高速道はすごい渋滞のようですね。
皆さま、どうぞお気をつけて。



2009年5月 2日 (土)

ハルジョオン


荒地まだみなとみらいにハルジヨオン

Harujyo























昔横浜に住んでいた頃、今のみなとみらい付近は何もない空き地だったような記憶があります。
でも今でも、都会にも思いがけない空き地があって、野の花が咲いていたりするんですよね。

Land_2



















ところでハルジョオンと普通言ってしまうのですが、「春紫苑」ハルジオンというのが正しい名のようです。
でもハルジョオンにも「春女苑」の字をあてますし、ユーミンの「ハルジョオン、ヒメジョオン」などで
一般にはハルジョオンのほうが認知されている感も。

春の季語だと思うのですが、不思議なことに手持ちの複数の歳時記の、
どれにも載っていないのは何故??




2009年5月 1日 (金)

蓮華


やはらかき野のひかり編むれんげ編む

Renge08



















やわらかきののひかりあむ れんげあむ



Renge5


















« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

時計

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想