« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

四月尽

ゆめにきく ガラスのピアノしがつじん

写真はスワロフスキーのグランドピアノ(もちろんミニチュア)
切ない思い出のある、私の宝物です。

Piano




パンジー

Panji2

おしゃべりなパンジー きみをおくるえき

という句を以前作った駅のパンジー。
毎年花壇に植えられるので、そしたら写真を撮ろうと待っていたのですが、
今年はいっこうに植えられないうちに、パンジーの季節は終わってしまいそう・・
なので代りに撮ったこの写真は、パンジーではなくてビオラかもしれません。
(見分けがつかないヒト) σ(^^)

2010年4月29日 (木)

昭和の日

しょうわのひ かいなにのこるしゅとうこん

2年前詠んだ句では

二の腕に昭和の刻印種痘痕

けれど今「種痘」が春の季語だと言われても、
すでに種痘自体が廃止になっていますから若い人は知らないでしょうね。
歳時記にも載ってないことが多いです。

でも昭和も前半生まれのあなた、
腕に刻印が残っているのでは?
ちなみに私は肩にBCGの刻印も残っています(T_T)

良くも悪くも、昭和が遠ざかっていきますね。


緋牡丹

ひぼたんの どこかにししがかくれてる

「牡丹」は本来は夏の季語なんですね。
でももう咲いてるし。
歳時記によっては春の季語としているようです。
牡丹に限らず、最近の気候は変わってきているので、
だんだんずれていくものが多いような・・。

2010年4月28日 (水)

花しづく

 

Hanasizuku2

あましづく ざんかやどしてくだけちり

夕方、ようやく雨がやんだようです。
庭の楊貴妃桜もだいぶ散ってしまいました。
明日はお天気になるといいな。

2010年4月27日 (火)

さやうなら



開幕を待てば灯ともる暮の春                              






大和屋の潤む花道朧月






返り咲くその日を待たむさやうなら

先日もう最後!とか言いつつ、
どうしてももう一度助六を観たくて・・・
歌舞伎の神さまが私に微笑んで下さったのか、
奇跡的にチケットを入手、昨日行ってきました。
ほんとにもう今度こそ最後の最後。
少しでも見逃すまいと目をこらしました。
素晴らしい舞台をありがとう♪
お疲れさまでした <(_ _)>

2010年4月26日 (月)

春の夢

くびかざり つけしままいるはるのゆめ

2010年4月25日 (日)

蒲公英の絮

Tanpopowata2_2

あるあした たんぽぽのわたにとわれけり

2010年4月24日 (土)

じゅせいらん ひそとわれそむはるのよる




2010年4月23日 (金)

金瘡小草

渺茫/ 金瘡小草

パンドラのはことじぬままきらんそう

キランソウを漢字で書くと「金瘡小草」となるそうですが、
ちょっと無理っぽいですね。
別名「地獄の釜の蓋」というおどろおどろしい名前。
いつもはお彼岸の頃に咲くので、悪霊を閉じ込めるフタなのかなと思っていましたが、
薬効があるため地獄行きを免れる、という説もあるようです。
今年は寒かったせいで咲くのが遅れましたが、
このキランソウ、気温が上がると立ち上がって別の花のようになるんですよね。
なお、歳時記にあまり見かけないので季語としては認知されてないのかと思っていましたが、
山本健吉編の「季寄せ」には記載されておりました


2010年4月22日 (木)

春筍

春筍や蛇を埋けしはあのあたり

Takenoko2

しゅんじゅんや へびをいけしはあのあたり

季重ね、季またがり・・・・なんですが、
「筍」が夏の季語というのは何だか納得できません。
なのでわざわざ「春筍」という季語が春用にあるのですが・・。
実際もう筍はたくさん出ていますし、店にも出回っていますものね。
そう思う人はやはり多いらしく、学研の「現代俳句歳時記」では筍を春の季語としています。

近所の方からどっさり筍をいただいたので最近筍づくし。
でもやっぱり一番好きなのは筍ごはんです♪

2010年4月21日 (水)

儚きは

はかなきは すなのまんだらはるのにじ

「セブン・イヤーズ・イン・チベット」
映画のラストで中国兵に蹴散らされる砂の曼荼羅の鮮やかな色が、
今も印象に残っています。
北京オリンピックもつらっと終わったけれど、
2年前あれほど非難されたチベットの悲劇が解決したなんて到底思えないですが・・。





2010年4月20日 (火)

長き日

ながきひの ちきゅうかすかにきしみけり



2010年4月19日 (月)

花吹雪

はなふぶき ゆめとしりつつははをおう

当地の桜は開いたまま凍死してしまったのか・・・
蘂となった花の間に、まだ蕾がたくさんついているのが哀れです。
潔く散らせてやって・・・と言いたくなりますね。
ざあっと音を立てるような花吹雪、今年は見られそうにありません。


2010年4月18日 (日)

楊貴妃桜

われこそが ようきひざくらとむれさけり

楊貴妃がいっぱい・・・
互いにそっぽを向いている花々、張り合っているのかも?

この楊貴妃桜は何年も前に植えたのですが場所が悪かったせいで殆ど花が咲かず・・
去年の初冬、いちかばちかで植え替えを決行。
もしかして死んじゃうかもなあ・・と思っていましたが、
何と見事に復活し、たくさんの花をつけてくれました。
よくがんばってくれたね♪

2010年4月17日 (土)

お名残惜しや

歌舞伎座に名残惜しめば花の雨

Kabuki416b 

かぶきざに なごりおしめばはなのあめ


とうとう最後になってしまった歌舞伎座行き。
すべてもう二度と目にすることが出来ないと思うと、
1年ちょっと通っただけの私でも胸に迫るものがあるのに、
何十年も通った人達の気持ちは如何ばかりか。

Kabuki416c

それにしても昨日は「花の雨」どころではない、みぞれまじりの冷たい雨でした。
もう寒いのなんのって、4月だなんて信じられない。
当地の桜はびっくりして散るのも忘れております。

2010年4月15日 (木)

助六由縁江戸桜

春宵の歌舞伎座といふ江戸にをり

Kabukiza414b_4

しゅんしょうの かぶきざというえどにおり



取れない取れないとぼやきつつしつこくweb松竹にアタックすること1ヶ月、
ついに第三部のチケットをゲットしました~(うれし涙)
取れるとしたら前日と思っていましたがその通り、
チャンスはほんの数分だったと思います。

「助六由縁江戸桜」はまさに江戸っ子のお芝居という感じ。
さよなら公演ならではの豪華メンバーのオンパレード。
玉さまのゴージャスな揚巻に見惚れ、オペラグラスを手放せませんでした♪

2010年4月14日 (水)

桜の木

Wendy




※「桜の木 ウェンディに捧ぐ」

2010年4月12日 (月)

稚児百合

ちごゆりが くらきにさそうやまじかな



これはうちの庭の稚児百合。
山からとってきた土に球根?が混じっていたらしいです。
つい先日芽を出したなと思っていたらもう花が咲いていました。
小さな花が群生するので、なるほどお稚児さん行列を思わせます。



ぶらんこ

Buranko2

ぶらんこや たれがわすれたかげぼうし



2010年4月11日 (日)

桜鬼

Hanaoni2

はなおににくわれてあまきさくらのよ

2010年4月10日 (土)

一年生♪

かけだして ぽんとはずんでいちねんせい



2010年4月 9日 (金)

花日和

さきみちて にっぽんびよりはなびより



昨日はめずらしく青空で絶好のお花見日和。
近所の桜を見て歩きました♪
満開であり、かつ全く散っていない。

一花だに散らざる今の刻止まれ    林 翔

まさにその貴重な刻でした。



2010年4月 8日 (木)

Hanamitite2

はなみちて ごすんくぎのさびゆけり


そんな凄まじいイメージも桜にはあるような・・・(;^_^A

2010年4月 7日 (水)

靖国の桜

ろうぼくの えだくろぐろとはなかかぐ



5日、東京で時間があったので千鳥が淵と靖国神社へ桜を見に。
雨でともかく寒く、ほぼ満開の桜も震えているようでした。
これは靖国の桜、ソメイヨシノではないですが、大型の白い美しい花でした。

Rouboku4

お花見の屋台も閑散としていてお気の毒。
白い鳩は見当たらず、いるのはカラスばっか・・・。





2010年4月 6日 (火)

展示会終了

しばらくはさよなら えこだにはなのあめ

「写真とコトノハ展」、5日無事終了いたしました。
プリントするのも初めてのことで、色々大変でしたが、
得難い経験をさせていただきました。
ご来場くださった皆さま、ほんとにありがとうございました。m(_ _)m
有希さんはじめ、メンバーの皆さまにも心から感謝、
楽しい体験をありがとうございました♪


2010年4月 5日 (月)

鳥帰る

Torikaeru5_2  とりかえる ニルスになりたかったひよ

岩波の完訳で読みたいと思いつついまだ果たせませんが、
大昔に出会ったこの本を何度読み返したことか。
ぼろぼろで背表紙も取れちゃっていますが、
もうこのまま一生持ち続けることでしょう。
どんなに昔の本かというと・・

Torikaeru3

これは父の字か母の字か・・・
いずれにしても古びた紙の上で、
この字だけが昨日書かれたように鮮やかです。

2010年4月 4日 (日)

涅槃西風

Nehnannisi3

ねはんにし なにかのあしあとみずにきえ


2010年4月 3日 (土)

踏青

Tousei2

どてにもゆ あおをふみふみいぬとゆく


2010年4月 2日 (金)

白木蓮

Mokuren2

あさぞらは はくもくれんのためのあお


この時撮った写真ではまだ蕾だったので、後日撮り直そうと思ったのですが、
先日の異常な寒さで、白木蓮は一夜にして一本残らず茶色く枯れてしまいました。
お天気が良かったらまだまだ咲いていたでしょうに・・。
今年はあまりにも苛酷だったね・・(涙)

2010年4月 1日 (木)

凶!

Mikuji2

きょうみくじ しがつばかだということに


実はけっこうな確率で「凶」のおみくじを引いちゃいます。
以前鎌倉鶴岡八幡宮で、あと京都のお寺でも凶をひき、
しかももう1枚ひいたらそれも凶だったという恐ろしさ。
先日浅草の浅草寺に行った時、何だかヤな予感・・と思いつつひいたのが、
みごとに凶でした。
さすがにもう一回ひく気にはなれませなんだ (-_-;)
今日だったら四月馬鹿なんでしょ、で納得ですが。

別に凶をひいて悪いことが起こったわけではありませんが
(そりゃあそうだ、大吉が出たからって別に良いこともないですもん)
落ちこみますよね、やっぱり。

え~え、どうせワタシは凶の女ですよ 。。。。(( T_T)トボトボ



三月尽

Sangatujin2_2

あすからは すべてあらたにさんがつじん

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

時計

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想