« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

六月尽

Peiwasure

あおきがしゅう とじてろくがつおくりけり

写真はFoget me not(わすれな草)
2008年6月、カナダのプリンスエドワード島にて。

凌霄花

Nozen10e

もしやしんりゃく のうぜんがすこしこわい

あまりにもあちこちに伸びたので、
今年は凌霄花をばっさりと切りました。
それなのにいつのまにか葉を茂らせて、花もいっぱい咲いています。
根元から遠く離れたとんでもない場所からも伸び出して、
もはやちょっと不気味・・。
時として植物の強靭さには圧倒されるものがありますね。

2010年6月29日 (火)

梅雨の蝶

Tuyutyo2

ほうしんを おうそのさきにつゆのちょう

ゴーヤの花にシジミ蝶がたくさん来ます。
緑のカーテン、順調に形成中。
まだ小さいですが、実のほうも増えてきました♪

2010年6月28日 (月)

油照り

ないしんも げめんもにょやしゃあぶらでり

湿度80%の耐え難い蒸し暑さ。
ちょっと仕事をすると汗が目に・・
おまけに不愉快なことがあって、多分眉間の縦ジワが濃くなったような。

そんなこととは無関係なこの花、
調べたらグラジオラスの一種でした。
グラジオラスを詠もうと思ってなんでこんな句に・・・(笑)
それにしても夏はオレンジ色の花が多いですね。

2010年6月27日 (日)

花石榴

Hanazakuro2
おぼえなき あおあざひとつはなざくろ

2010年6月26日 (土)

立葵

Tatiaoi10

おたるまで てつろはさびしたちあおい

ずうっと昔ですが、札幌から小樽までの沿線に、
導くようにたくさんの立葵が咲いていた光景が、
何故か忘れられません。

2010年6月25日 (金)

あめんぼう

やわらかき みずわふまえてあめんぼう

あめんぼの跳ねればうごく水のいろ

あめんぼう水面鏡の如くあり

梅雨の月

Tuyunotuki

ひこうきの まばたきひとつつゆのつき

今夜の月です。
薄雲もありましたが、久しぶりに明るい月に会えました。

2010年6月23日 (水)

梅雨の部屋

つゆのへや のこるはがたをいとしめり

画像はいただきものの、ダリのエッチングです。
今日は久しぶりに梅雨らしい雨の日です。

2010年6月21日 (月)

夏至

げしのひの たかさきわめてしずみゆく

暑い夏至の日でした。
暑いのは嫌いだけど、日が長いのは大好き♪
その長い日も今日を限りに短いほうに変わっていくのだと思うと、
毎年さびしい気分になります。
頂点に達すればあとは下降、というような寂しさですね。

2010年6月20日 (日)

空巣

               空
               巣
               よ
               り
               仔
               つ
               ば
               め
               の
               羽
               ふ
               は
               り
               落
               つ

Sudati1

わが家の仔つばめが昨日と今日とで全員巣立ちしました。
家の前の電線で、この時点では2羽はまだ巣の中。
飛び立った雛を親鳥(左)が守っています。

Sudati2

飛びたってはみたもののおっかなびっくりの雛。
電線の上で親鳥から餌をもらっていました。
昨夜は再び巣に戻ってきたのですが、今日は残りの2羽も飛び立ち、
夜になっても巣は空のままでした。
元気で、立派な大人になるんだよ~(^o^)/~~♪

2010年6月19日 (土)

紫陽花・ヴェニスに死す

少年の指さす永遠濃あぢさゐ

Benis6 

しょうねんのゆびさすえいえん こあじさい

以前にも「ヴェニスに死す」のこと書きましたが、
主人公たちの泊まるリドのホテル、
ロビーや回廊の花瓶には、ずっと豪華な紫陽花が飾られていました。
今では当たり前のボール状の紫陽花、
もともとは日本の額紫陽花がヨーロッパに渡り、
品種改良されたんでしたよね。
細部にまで凝るビスコンティ監督のこと、
この紫陽花にも何か意味があったのでは・・?

映画のラスト、タジオ少年が海辺の逆光の中で腕をあげ、彼方を指さします。
死にゆく教授に永遠を指ししめすように・・
印象的なシーンでした。

あの映画は若い時に観ても、同性愛なの?気持ち悪い、くらいにしか思わない。
でもそんなんじゃないんだな。
年をとって観直すと、その渇望と絶望の深さがよくわかります。

Benis2

2010年6月18日 (金)

オフ会♪

Off06

ともつどう グラスきらめくつゆのひに

コトノハ展の会場でのオフ会に行ってきました。
このサイトの管理人さんや、ずっとネット俳句をご一緒している私の古い句友も参加して下さり、
賑やかなおしゃべりのひとときを過ごしました。

Off06e

私の友人や有希さん、お店の女性が折り紙が得意なので、
テーブルの上にはワンちゃんや蛙さんなどの折り紙も加わって。

おいしいお料理にビールやワイン、ちょっと飲みすぎちゃったかな。(∩_∩)ゞ
皆さん、本当に楽しい時間をありがとうございました♪

2010年6月16日 (水)

入梅

ねむそうな ねこのうすめやつゆにいる

なのに今日の当地は32℃です!(ー"ー )

つばめの仔

                     仔
                     つ
                     ば
                     め
                     の
                     夢
                     は
                     何
                     色
                     消
                     灯
                     す

こつばめの ゆめはなにいろしょうとうす

うちの玄関で育っているつばめの仔。
無事に巣立ちできますように。

2010年6月13日 (日)

桜桃忌

はいおちて きづかぬうれいおうとうき


わ~そのうちこんな写真載せたらタイホされる日がくるかも・・・(T_T)

はやぶさ

Hayabusa3

            あじさいもほしさくごとし
                   きみむかえ きみをおしみてなみだあめふる

お帰りなさい、そしてさよなら、はやぶさ君。
本当にお疲れさまでした。なつかしい地球を目にやきつけていってね。

http://www.jaxa.jp/projects/sat/muses_c/index_j.html

2010年6月11日 (金)

蟷螂生(とうろうしょうず)

あればすぐ こうやをめざすことうろう

うちの庭では毎年カマキリが生まれます。
秋まで残っているのはせいぜい数匹ですが、必ず卵が産まれていて、
翌年また孵る・・・の繰り返し。
なので「今年も生まれたね♪」と親しみを持っています♪

紫陽花の上の子カマキリ、大人と同じに見えますが、
実際は1センチくらいの大きさ。
でもこれ、何だか祈っているように見えていじらしい。

「蟷螂生」は七十二候のひとつ、今年は六月七日でした。
季語としては「かまきり生まれる」で、
単に「かまきり」だと秋の季語なんですね。

2010年6月10日 (木)

時の記念日

ときのひや じゅうまんおくどにはないちりん

※写真はカタバミです。

2010年6月 9日 (水)

雨蛙

きんのめの むがむえむきゅうあまがえる

きれいな花菖蒲の上にいたノーブルな(笑)雨蛙。
知らなかったのですが「青蛙」と「雨蛙」は別の種類だそうですね。
これは「日本アマガエル」だと思います。
それにしてもこういう場合、体の色は紫に変わらないのかしら??

2010年6月 8日 (火)

花菖蒲

はなしょうぶ あめをまちつつほどけゆく

隣町、ときがわ町の花菖蒲園に行ってきました。
が、今年は例年よりずっと花が少なく、ちょっとがっかり。
2年前に来た時は、あふれるほど咲いていたのですが・・
連作を嫌うので土を休ませるとか、色々事情があるようですので、
また来年に期待しましょう。

2010年6月 7日 (月)

薔薇の少女

えのような ばらのにわねとほほえみし
        きみがばらとはきづかぬしょうじょよ


2010年6月 6日 (日)

みどり

Midoridensya2

みどりいで みどりにいりしれっしゃかな

当地のお馴染み、東武東上線です。

2010年6月 5日 (土)

泰山木の花

はなたいざんぼく いまじゅんぱくのせつな

数日前から狙っていた泰山木。
普通は見上げるように高い木が多いのですが、この木は目の高さで花が咲いてくれるのです。
でも真っ白で美しいのはほんのひとときなんですよね。
良い香りとともに楽しませてもらいました♪

2010年6月 4日 (金)

冷し馬

Hiyasiuma2

ゆうあかね にじゅうばりきのひやしうま

「冷やし馬、馬洗う」
夏の季語ですが今では殆ど使えないですね。
当地でも何十年か前までは、農作業をする牛馬がたくさんいたらしいですが・・。
泥だらけになって疲れた馬をいたわりながら川で洗ってやる光景、
想像するとほのぼのとします。
さて現代では農作業も機械が主流ですが、
やはり泥だらけになったこれ、田植え機?
もちろん農家にとっては大切な働き手。
きれいに洗っている姿に、「冷やし馬」が重なりました。

コトノハ展vol.2

「写真とコトノハ展」第二弾、
6/14(月)~7/3(土)の間、飯田橋の「ギャラリーカフェ2316」で開催されます。
詳細はこちらをどうぞ。

http://shashin-haiku.jp/node/78993

期間はたっぷりありますので、ついでの時にでもお寄り下さると嬉しいです。
なお、17日(木)午後6時半より、オフ会の予定です。
夕べのひととき、楽しいお話で盛り上がりませんか?
どなたでも大歓迎ですので、こちらもぜひ♪
参加ご希望の方は、どうぞコメント下さいね。

http://shashin-haiku.jp/node/79195

2010年6月 3日 (木)

代田

Sirota2

ゆうぐもに ざぶりとおりたつしろたかな

当地はこれから田植えです。

2010年6月 2日 (水)

山滴る

Yamasitataru2

ばしゃたつや やましたたりしそのなかに

「山滴る」、今の季節の美しさを表わしていて好きな季語です。
日本の美というのは「潤い」と切り離せないんだなと思います。
写真は数年前、たしか甲府近辺の昇仙峡(だと思います、もう忘れてる)σ(^^)
観光馬車があったのですが、時間がなくて乗れなかったのが残念。

Basya

2010年6月 1日 (火)

薄暑

Hakusyo2

しんばしの くれかねているはくしょかな

これは新橋?有楽町?よくわかりませんが。
新橋のガード下の通りのイメージだったのですが、
今はもう無いのでしたっけ?
昔は仕事帰りのサラリーマンのメッカという感じでしたが。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

時計

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想