« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

頭痛

Zutuu2

のうずいで ぞうさんダンスをおどりはる


子供の頃からの偏頭痛は春に多発しがち。
我慢していても治らず激しい痛みになるので、
薬嫌いな私もこの時ばかりはさっさと頭痛薬を服用します。

どうやらストレスでもなるらしいので、最近は要注意。(ー"ー )





2011年3月29日 (火)

ロック

Rock2

ひのとりみらいへん ロックのきぶんはるはやて

手塚治虫の代表作「火の鳥」
全作を読みましたが、「好き」というには抵抗がある。
生命をめぐるスケールの大きな物語の、確かに生命の大切さを描いているのかもしれないけれど、
その真実、現実のあまりの冷徹さに気分は落ち込むばかりで。

「未来編」を読んだのはずいぶん前、雑誌「COM]に連載されている頃で、
これはすごく好きで楽しみでした。
衰退した人類が地下に5つのメガロポリスを構え、
それぞれ聖母と呼ばれるコンピューターに支配されている。
そのコンピューターが戦争を決定、5つのメガロポリスは同時に核爆弾で消滅。

ロックは主人公マサトの敵役ですが、
どうせ死ぬならと放射能の嵐が吹き荒れる外に出て、
故郷、メガロポリスヤマトの爆発孔にたたずむ場面が印象的でした。

まさかその恐怖の片鱗を・・・・って

い、いかん つい暗い句になってしまうこの頃。

Sumire

今日は可愛らしいスミレがたくさん咲いていました♪






2011年3月27日 (日)

緊張続く

Yanarimoji
Teiden1

やなりして かぜかないかとはるのやみ


昨日あたりから減っているようですが、当地でも余震が長く続いていました。
家のどこかがぴしりと鳴ることがあり、続いて揺れが・・ということが多かったので、
はっと緊張してしまいます。風のせいという場合もあるのですが。

今日の新聞に、被災者でないのに気分が落ち込む人が増えているという記事がありました。
震災の惨状のショック、原発の不安、「地震酔い」も併発して頭痛や耳鳴りに悩む人も。
感情を抑制せず誰かと話して一緒に泣いたりするのは良いことだそうです。


私も原発の恐怖が頭から離れず、ちゃんと食べているつもりでも体重が減ってしまいました。
原発ダイエットってか・・・ジョークにもなりゃしない。(笑)

無事に収束すると信じて元気出さなきゃね。

Teiden2

乾電池さえ不要のわが家の石油ストーブ。
災害時には煮炊きもできます。
まあ灯油があればの話ですが。
青い炎は停電の時、明りにもなり、心なごませてくれます。



2011年3月25日 (金)

初桜

Hatuzakura2

かなしめど なげけどいためどさくらさく

毎年近所で一番先に咲く桜が、今年も咲き始めました。

Jieitai

当地の上空も、よく自衛隊機が通ります。
今は「がんばって下さい」と手をふりたくなりますね。
この状況で政府の足を引っぱる気はないけれど、
「自衛隊は暴力装置」などと言い放った官僚をどさくさ紛れに復帰させ、
相変わらず「恥」という言葉を知らない政府らしい。
先日ロシアが日本海に偵察機を送り込み、空自が緊急発進しましたね。
こんな時だからこそ、自衛隊は本来の任務である国防もおろそかにできないのが現実です。

それはともかく、世界中から支援の手がさしのべられているのは本当にありがたいですね。
そういえば基地問題でアメリカ軍のことを悪魔みたいに言っていた人たちは、
今回の状況をどう思っているんだか聞いてみたいものです。


2011年3月24日 (木)

沈丁花

Jintyo2

じんちょうの かぐわしきほどかなしかり

悲しいほどいい匂いなのが悲しい



2011年3月23日 (水)

春塵

Syunjin2

しゅんじんの まがまがしきをあらいけり



恐れていた通り、野菜や水から放射性物質が検出され始めました。
私なんかいいのよ、あとは余生?だけなんだし、
ちょっとくらい汚染されたからって気にしない。
だいいち昔、旧ソ連や中国やアメリカがさかんに核実験をやっていた頃、
もしかしたら今よりもっと高濃度の死の灰を浴びたこともあるのかもね。
でも一応健康に生きてるし。

でも小さいお子さんを持つ若い両親や、現在妊娠中の方など、
どんなに不安か、想像すると胸が痛みます。
そういう人たちにこそ最優先に、安全な水や食物を行き渡らせることが大切ですね。


写真は地元(埼玉県)のほうれん草。
こちらまで汚染が来ないで、北関東に出荷することが出来るよう祈ります。




2011年3月22日 (火)

春彼岸

Haruhigan2

ほとけみな うしろすがたのはるひがん


改めてこの度の震災でお亡くなりになった方々のご冥福を
心よりお祈りいたします。





2011年3月20日 (日)

土筆

Tukusi1b

つちのいろ すきとおりたるつくしかな


何だか句を詠むことが出来ず、8年も前の句を引っぱり出してきました。(∩_∩)ゞ

写真は今日のですが。
しばらくデジイチを担ぐ気力も体力も無く、
コンデジに戻っていましたが、そんなことでどうする!
と今日からはまたデジイチに復活してもらいました。

上のつくしの拡大写真が面白かったので。
う~ん何やらつくしんぼの正体って感じ?
エイリアンのアタマみたい(;^_^A

Tukusi2

Tukusi3

Tukusi4

つくしってほんとにこのままの形で、
土を押し上げて出てくるのですね~
地面からほんの少し頭を出している光景、今日は沢山見ました♪


とりあえず、世の中は春です。confident




2011年3月19日 (土)

停電

Syungetumoji

Teidentuki

しゅんげつの あんこくれっとうぬらしけり



輪番停電、時間をずらしつつ毎日来るようになりました。
不便だけど被災地のことを思えば小さなことです。
でも夕方から停電、しかも一人ってちょっとイヤ。
何だか明るいなと思って窓を開けたら月の光でした。
満月になったらもっともっと明るいんでしょうね♪




Teidensazae_2
(財)長谷川町子美術館




コピーほんとはいけないんだろうけど・・・
ちょっと笑いましょ♪
終戦後しばらくはしょっちゅう停電が当たり前で、
当時のサザエさんにも停電ネタが多いです。
対訳サザエさんの第1巻で覚えた単語は「ration」でした。
「配給」の意味なので、覚えたってこれから使う機会もなし、と思ったけど、
現在の状況を見ると、何だか復活しそうな気が・・・・(;^_^A





2011年3月16日 (水)

エルピス(希望)

Erupismoji

Tanpopomisya2
11sirobana
シロバナたんぽぽも元気元気♪

11inufuguri
そこらじゅう星のようなイヌフグリでいっぱいです♪


エルピスをさがしてはるのこうやかな
(句を差し替えました)

「エルピス」はパンドラの箱に残った「希望」
あらゆる悪神が箱から流れ出してしまったあと、
希望(エルピス)だけが残っていたという、
ギリシャ神話「パンドラの箱」より


希望を捨てず、この国難に立ち向かいましょう。   ←自分に言い聞かせているσ(^^)


2011年3月15日 (火)

制御不能

Genpatumoji4
Paeton3

パエトーンの ついかまざまざねはんにし


昨年の夏、異常な極暑をパエトーンの火の車にイメージしましたが、
今回の原発事故ははまさにパエトーンそのものではないでしょうか。
暴走する火の馬、火の車を制御できない人間。
小さな太陽ともいえる核をあやつるということは、神の領域を冒涜することだったのか?



私は優れた技術というものには常に賞賛の気持ちを持ち、
技術の進歩が逆に生み出した現代のさまざまな弊害も、
基本的にはより優れた技術で克服するしかないと思っています。
いくらのんびりした昔が懐かしくても、後戻りはもう出来ない。
でも今回の事故を見ていると、やはり原子力発電には無理があるのだ、と思わざるを得ません。
休止中の4号機にもトラブルが発生したことからわかるように、
使用済み核燃料も大きな問題を抱えているのです。
使用済み核燃料は今、地中に埋めて処理しているはずですが、
何かのはずみでそれがうごめき出すことがないと誰が断言できるでしょう。
制御できないものを、やはり使うべきではありません。

ここ数日、ニュースを見ては胃が痛くなります。
避難させられた方はもちろん、地震のために避難している方々にも追い討ちをかけるような事態、
その心痛は察するに余りあります。
たとえこのまま終息しても、今度は現地の野菜の汚染がどうのとか、
新たな問題が出てくることでしょう。


でも今はともかく、一日も早く終息してほしいです。




2011年3月13日 (日)

三月十一日

311hi2

みちのくの かなめいしこなごな さんがつじゅういちにち


東北にも地震の神を鎮める要石がたくさんあると聞きました。
それらを全部粉砕するほど、地の神の怒りは激しかったのでしょうか。
時間が経つにつれ、明らかになってくる被害の大きさ、惨状に言葉を失います。


11日、私は東京六本木の国立新美術館で可惜夜さんとシュールレアリズム展を見たあと、
ロビーでお茶しているときに地震に遭いました。
外に出ても余震が続き、怖かったです。
電車はすべて止り、ともかく東上線のある池袋まで行きたくて、
表参道から池袋まで、明治通りをひたすら歩きました。
もちろん東上線も動かず、懸念していた通り帰宅難民に・・
帰宅できない人のために開放された施設に行こうと思っていましたが、
夜中に駅に行ったら可惜夜さんのお宅のある西武線が開通、
お言葉に甘えて泊めていただき、翌日帰宅することが出来ました。



怖い思いもしましたが、TVで津波の凄まじい映像を見たら、
そんなことは吹き飛びました。
何という惨状でしょう・・あれが現実だなんて信じられない思いです。

今はただ、まだ孤立している人々の一刻も早い救出と、
犠牲者のご冥福を祈るばかりです。


2011年3月10日 (木)

三月十日

Gouka2_2

ごうかというみらいのきおく のびはげし




「火の七日間」は過去の記憶なのか未来の記憶なのか。
一夜で十万人を焼き尽くした東京大空襲から66年が過ぎました。







つぐみん

Tugumin3

あいされているのもしらずとりかえる

野鳥にとってやはり人間はまだ脅威なのでしょうか。
今では危害を加える人より、野鳥大好きな人のほうがよほど多い気がしますが・・

それにしてもつぐみん、
アンタちょっと動作鈍いし。
飛び上がる時も重そうだし。
無事に北に帰れるんですかね~・・・・来年もちゃんと戻ってくるんだよ。

私の愛読コミックス「とりぱん」
野鳥の好きな人はハマること請け合いです。 (^-^)

http://morningmanga.com/lineup/14


Toripan


2011年3月 9日 (水)

春耕

Syunkou2

しゅんこうや とおくけむりしすぎばやし



当地は杉林も多いので、
きっとかなりの花粉が飛散してるのかも。
トラクターを駆使する「耕人」の方もマスク着用でした。
私は・・・なんで平気なのかな?(゜_。)?



2011年3月 8日 (火)

落椿

Otitubamoji
Otitubaki
おちつばき ふまねばゆけぬうかいする





2011年3月 7日 (月)

春の雪

Haruyuki2

はるのゆき やさしきことばふるように




もう啓蟄、と思っていたら、
一転今日は雪景色となりました。
午前中だけで、もう融けてしまいましたが・・・
冬の最期の挨拶だったのかもしれません。





2011年3月 6日 (日)

啓蟄

Hebianawo2

あないづる へびのゆくてにひかるみず




今日は「啓蟄」
虫が全部嫌いなわけではないけど、ちょっとユウウツ。
何しろ地球上でダントツの数を誇る生物は昆虫。
蛇は出てきたってめったにお目にかからないからいいですけどね。

あ、写真は単なる飛行機雲です。
天に昇る竜みたいでしょ♪






2011年3月 5日 (土)

薄氷

Usurai2

うすらいを ふんでひかりのパズルにす



寒の戻りの寒い日が続きます。
やはり一気に春、というわけにはいかないですね。σ(^^)







2011年3月 4日 (金)

弥生

Yayoi3

ものくろの ひそかにいろづきそめやよい







2011年3月 3日 (木)

雛の夜


Kanjyo2


Hinayorumoji
Hinayoru

しょうねんの はつこいかんじょのひとりとや

きぬずれの おときかぬふりひなのよる





お姫さまはきれいだけど、
三人官女にはそんな単純ではない色っぽさがあるような・・・σ(^^)



2011年3月 1日 (火)

春一番

Haruitiban2

よぶこえも ほえごえもちぎれはるいちばん



あ~毛がなびいてるなびいてる (^^)



何日か前、春一番が吹きました。
春は風の強い日が多く、コンタクトレンズの私には恐怖。
このところ1日で10度くらいの気温差があり、身体にこたえますが、
もう春本番も近いですね。

Haruitibanb

目が開けられないよ~~










« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

時計

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想