« 第2回熱海写真俳句ストーリーコンテスト | トップページ | 鳥帰る »

2014年3月27日 (木)

夕桜

Yuzakura

ゆうざくら ふぼいるいえのまつような(第2回熱海写真俳句ストーリーコンテスト優秀賞)


年をとっても生家の残っている人も多いのでしょうが、
私の場合生家どころか両親と暮らした18年間に5回の引越し、住んだ家はひとつも残っていません。
中でも小学校~中学卒業まで暮らした家は一番印象に残っていて今でも夢に出てくるほどですが、
今は跡形もなく、何故かその地にお稲荷さんが建っていて、春には美しい枝垂れ桜が咲くのです。
桜の季節に時々その地を訪ねてしばらく佇んでいたりすると何とも不思議な気分。
まことに人生は夢のように過ぎてしまうのですねえ。





« 第2回熱海写真俳句ストーリーコンテスト | トップページ | 鳥帰る »

写真俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第2回熱海写真俳句ストーリーコンテスト | トップページ | 鳥帰る »

時計

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想