« 魚氷に上る | トップページ | 春の風 »

2015年2月26日 (木)

三津五郎さん、安らかに。


MitugorouMitugoroumoji


はなみちの はてやくおんのはなあかり

三津五郎さんまで逝かれてしまうとは・・
歌舞伎の神さま、あんまりなお仕打ちではありませんか。
残された若手の役者たちの重圧もいかばかりか。


写真は2009年10月の公演「蜘蛛の拍子舞」より。
女郎蜘蛛の精(玉三郎)を討つ坂田金時を演じる三津五郎丈。
2010年2月公演の「壷坂霊験記」の沢市の心温まる演技も、強く印象に残っています。

にわか歌舞伎ファンとしてせっせと通った歌舞伎座のさよなら公演。
言っても詮無いけれどあの頃は勘三郎も団十郎も芝翫も富十郎も元気で・・・・゚゚・(>_<)・゚゚・。
 




心よりご冥福をお祈りいたします。




« 魚氷に上る | トップページ | 春の風 »

写真俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 魚氷に上る | トップページ | 春の風 »

時計

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想