« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)


Hasu629moji
そのなかに ちさきほねだくはちすかな






2016年6月28日 (火)

炭酸水


Tansansuimoji
たんさんすい そそぐおとよりはじまるよ










巴旦杏


Hatankyohoseimoji

かごいっぱい どうわのようにはたんきょう

☆一句一遊「巴旦杏」   金曜日☆




全く考えずに降って湧いた句なのですが、
根底には昔読んだ物語の中に「はたんきょう」が出てきて、
とても印象に残っていた、という理由があったのだと思います。
それが何だったのか、色々調べてとりあえず出てきたのは、
ホフマンの「くるみ割り人形」
幸いそれが収録された世界文学全集が家に残っていました。


ところが読み返してみると、このはたんきょうは何か違う。
クリスマスツリーに飾られた焼きはたんきょう、
お菓子の国の大理石のような門は、砂糖をまぶしたはたんきょうと干しぶどうの門、といった具合。
すももの仲間の巴旦杏ではなく、アーモンドのことだったのですね。
実際大人になってから買った新訳では「アーモンド」と訳されていました。



ともかく子供の頃読んだ時はどんなものかわからず、
多分「実」なんだろうとは思いましたが、
その素敵な響きに魅せられていたということなんでしょう。
「くるみ割り人形」には他にもおいしそうな料理やお菓子がたくさん出てきて、
本当にうっとりとしたものです♪



ということで写真は巴旦杏ならぬプラムですが。
ホンモノの巴旦杏、機会があったら食べてみたいです。





2016年6月25日 (土)


G2hoseimoji

どちらがくえきなんだろう GOKIBURIとひとと


☆俳句ポスト「G」  人選☆




すいませ~ん、ハイポに出した句は英文字部分は平仮名です。
ともかく字ですら書きたくないんで・・・ε=ε=ε=ε=ε=┏( >_<)┛
はい、Gのハナシはこれで終了!






2016年6月23日 (木)

紫陽花2

Ajisai622hoseimoji2

はれのひの あじさいすこしふきげんで




何年か前8月に英国に行った時、あちこちの庭に紫陽花が咲いていました。
真夏とはいえ欧州の日差しは柔らかく、晴れの日も生き生きと。
日本の場合はカッと照りつける日差しになりますからどうも似合わない。
やはり雨の紫陽花が一番・・・と思ってしまうのです。






2016年6月22日 (水)

夏至

Gesimoji
あけぬよの なんきょくおもうげしまひる


白夜の北極とは裏腹に南極は続く夜・・
でも今日を境に逆転が始まるのですね。
完全に逆転するのはたった半年後。
そんなところにも1年の速さを感じてしまいます。









2016年6月21日 (火)

夜光虫

Yakotyuhoseimoji

なんぱせん ねむるかんしょうやこうちゅう



なんで渋谷の交差点が夜光虫って・・? ハハハ(∩_∩)ゞ







2016年6月18日 (土)

アイスコーヒー


Reikomoji
アイスコーヒーうすまるままにかいぎある

☆一句一遊「アイスコーヒー」  水曜日☆



午後のコーヒータイム、しばらくホットにしたりアイスにしたりしてましたが、
いよいよ本格的にアイスコーヒーになりそう。





2016年6月16日 (木)

紫陽花


Ajisai615hoseimoji

ぱふぱふと あめきりさすやこあじさい



やはり紫陽花には雨!♪ですね。






2016年6月14日 (火)

梅雨の月


Suiren528hoseimoji
きろとおし むくんだつゆのつきのした






2016年6月12日 (日)

蜻蛉生る2


Tonboumarumoji


とんぼうまれよ ぬまのへびがみおきぬうち

☆松山俳句ポスト「蜻蛉生る」   人選☆





これもニホンカワトンボ、もしくはアサヒナカワトンボの橙色翅。
オスとメス、若いのと成熟したのでは翅の色が違うなど、
なかなかややこしいようです。



蛇も食べるかもしれませんが、生まれたての蜻蛉の天敵は蛙だそうです。
水面近く、羽化の最中ではひとたまりもありませんね。
しかし蜻蛉がヤゴだった頃は、水中でオタマジャクシを捕食していたはず。
厳しい生存競争というか因果応報というか・・・





2016年6月11日 (土)

蜻蛉生る

Tonboumaru2hoseimoji



みずよりも すこしこきはねとんぼうまる

☆俳句ポスト「蜻蛉生まる」   人選☆




偶然行った池にたくさんのトンボがいました。
まさに「蜻蛉生まる」の現場。
糸蜻蛉の一種で「ニホンカワトンボ」と思われます。
泥の中にはヤゴらしきもちらほら見えましたよ♪




2016年6月 9日 (木)

更衣


Pekonatuhoseimoji



つうがくろ しろきがまぶしころもがえ



少し遅くなりましたが更衣・・
6月になってやっとスカートまで薄手のセーラー服に着替えた爽やかさ、
今でもよく覚えています。
男子も詰襟脱いで真っ白な半袖シャツ、
通学路が一気に明るくなったあの感じ。
今このへんではそういう光景を見ることはありません。
夏も冬も、中学生はジャージーですからねえ・・・
ジャージーは体育の時だけにしてほしいです。
かといって制服が好きなわけではありません。
自由にすればいいのにとも思うけど、色々問題があるのかな。


近所のスーパーのペコちゃんも、涼しげな夏服に更衣♪





2016年6月 4日 (土)

砂丘


Dunehoseimoji

なはさきゅう わかれしのちのこうすいは

☆一句一遊「砂」   金曜日☆




それにしてもいつ買ったDUNEでせうかコレ・・・(∩_∩)ゞ
空港の免税店で買ったものでしょうが最近全然使ってないです。
そもそも香水つけるってあんまり好きではないし。
でも香りは好きなのでたまに匂いをかいで満足してます(全く香水の意味ナシ)













2016年6月 3日 (金)

火夏星

Kaseihosei2moji

つゆきざす くもまをゆくやひなつぼし


先月末地球に最接近した火星。(火夏星は火星の別名)
さそり座の頭上にあるのは絵になるなあと写真を撮りたかったのですが、
うちの近所は最近街灯をすべて超明るいものに取替え済み。
ウロウロしても撮影できる暗い場所など無くて・・・(泣)
無理やり撮ったさえない写真でスミマセン。
わかりにくいので火星は赤く塗りました。
もうひとつの赤くした星はさそり座のアンタレス。
「火星に対抗するもの」という意味だそうですが、実体はわが太陽の800倍もある赤色巨星。
実際よく見ると火星の赤とは深みが違います。
火星最接近と言ってもお隣さんですから接近はしょっちゅうです。
2018年の接近はもっと近いそうですよ。


kasei6-2b.jpg

暗いところを求めて車で回ったのですがこの通り、
明るい星が辛うじて写るだけで。(この火星も赤くしてあります)


« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

時計

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想