« 枯葉2 | トップページ | 仏の座 »

2017年1月 8日 (日)

七草

Nanakusahosei2moji

ななくさの のこりひなたのとりにやる


ご無沙汰いたしました。
今年も宜しくお願い致します。





お正月早々暗い話もと控えていましたが、
昨年の11月末にこちらでも時々登場していた愛犬のカノンが急死しました。
まだ辛くて詳しくは書きたくないのですが、そんなわけで私もしばらく死んでいたような具合で。
何しろ写真フォルダを開けるのも耐えられなかったので。
ご心配おかけしてしまったようで申し訳ありませんでした。

kankenmoji.jpg

(2016年1月の再掲)




でももう元気出します。
いつまでも悲しんでいたら虹の橋の上のカノンが困ってしまうものね。









« 枯葉2 | トップページ | 仏の座 »

写真俳句」カテゴリの記事

コメント

雪うさぎさん、こんばんは!

何があったんだろうと思っていましたが、そうだったんですね。

私も二人目の孫が死産だった時には、パソコンに丸々1ヶ月触れられませんでした。

インターネットの編集学校でいつも一番に課題を提出していたのに、課題が出ても取り組む気になれず、何もかもが色褪せて、やる気が失せ、寝ていても涙、涙、、、

生まれるのを娘共々楽しみにしていただけに、分娩中に亡くなってしまったのは、周りが喜びでいっぱいの産院では辛すぎました。

もう15年も前のことなのに、今思い出しても涙が出ます。

俳ポの「蜜柑の花」の時のお便りコーナーに載った「マグカップほどの骨壺花蜜柑」は、その時のことを思い出して作った句です。

犬といえども家族の一員。犬は特に黙って無償の承認と愛をくれるので辛いです。
犬、猫、兎やインコを飼ったことのある私には、雪うさぎさんの気持ちが痛いほど解ります。

悲しい時は、思いっきり泣いて悲しむのが一番。時間しか癒せません。

少しお元気になられて、安心しました。また時々お邪魔させていただきますね。

☆比々きさん

こんばんは。
何だかご心配をおかけしてしまったようで申し訳ありませんでした。
誰かに話してわあわあ泣いたほうがよかったのかもしれませんが、
それが出来ない損な性分で・・
でも何とか気持ちの整理がつきました。

比々きさんはそんな悲しい目に遭われたのですね・・
本当にお気の毒なことでした。
娘さんもさぞお力落としだったことでしょう。
お話を伺って花蜜柑の句を読み返すと胸が潰れるような気がします。
でも十何年も経ったからようやく詠めたのでしょうね、時薬が効いて・・。
直接的な表現ではなく花蜜柑に思いを託す、これが俳句の秘めたる力でしょうか。
私がカノンを詠めるのはまだ先になりそうですが・・。

今でも折にふれ涙が出てきますが、何もしてないとよけいダメですね。
ハイポなどの投稿も全くやる気になれないながら無理やりとりかかると
かえって気が紛れて良かった気がします。
気分を入れ替えて、前に進むつもりです。

お心遣い、本当にありがとうございました。
ぜひまたいらして下さいね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 枯葉2 | トップページ | 仏の座 »

時計

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想