日記・コラム・つぶやき

2008年7月31日 (木)

お知らせ



☆突然ですが、諸般の事情により
(な~んて、大した事情ではないのですが)
以後の更新は下記のURLで行いますので
よろしくお願いいたします。m(_ _)m



あ、美齢は連れていきましたが、ここを閉鎖するわけではありませんので。
(というか、いつまた気が変わるかわからなかったりして・・・・) coldsweats01



http://yukiusagi4.shashin-haiku.jp/


2008年7月24日 (木)

河童忌



「河童忌」は昭和2年、自殺した芥川龍之介の忌日です。
もちろん彼の作品「河童」から採られていますが、
我鬼という俳号を持っていたので、「我鬼忌」とも。
新潮文庫の「河童・或阿呆の一生」には
晩年の我が身を削りとるような鬼気迫る作品が収められていて、
読んでいると息苦しくなってきます。

Kappa

















「蜘蛛の糸」のような子ども向けの短編も多いですね。
私の好きなのは「トロッコ」


塵労(じんろう)に疲れた彼の前には今でもやはりその時のように、
薄暗い藪や坂のある路が、細細と一すじ断続している。…………


このラストの強烈な印象は今でも忘れ難いです。




俳句ではやはり名句と言われる

枯がらしや目刺にのこる海のいろ



兎も片耳垂るる大暑かな

なんてほほえましい句もありますね。




河童忌や夜の畳に迷ひ蜘蛛

2008年7月23日 (水)

大暑



今日は「大暑」
といっても暑さのピークはまだまだこれから。
一年中で一番暑い季節の始まり、と覚悟する日・・・なんて感じ。

この暑い日に日本で一番暑いと言われる熊谷にでかけました。
熊谷にしてはマシな暑さ?で良かったですが。
ちょうど「うちわ祭り」をやっていましたが、ちょっと見ただけで早々と退却。
熊谷に限らないけれど、暑い時にお祭りを見るって
相当なエネルギーが要りますよね・・・(;^_^A

Utiwa1

















熊谷にゐる大暑の午後一時


2008年7月13日 (日)

緑陰

Sironeko




















緑陰に白猫ゐるを愛でゐたり




美齢実写版!?happy01





Kutinasi















鉢植えで買ったくちなし。
何故かすぐに枯れてしまったのですが、そのまま放置して数年。
なんと花が咲いている・・・(;。;)
ほんと、3、4年ぶりだと思います。





2008年6月 7日 (土)

ようやく・・・



去年は全く咲かなかったサボテンの緋花王。
今年はふたつだけだけどつぼみをつけ、ひとつは大きく育っていつでも開花OK状態に。
ところがこのところ雨ばかりでいっこうに開くことが出来ず、このまま枯れてしまうのではとこちらのほうがヤキモキしましたが・・・。

久しぶりの晴天になった今日。
ようやく咲きました♪
2年ぶりの花の、鮮やかな赤の美しいことheart04
こちらもほっとひと安心。

Hikaou


















やっぱりサボテンって、太陽の光の中でないと開花できないんですね・・・
すでに梅雨に入っている当地の、今日は貴重な晴れの日だったのかも。


一転して暑いくらいの庭で凶暴?なほど伸びすぎたモッコウバラの枝を切り、
これまたようやく梅の実の収穫。
今年はなんと10キロ近くもの実が採れました。
明日は梅酒、梅ジュース、あとは梅ジャムにして・・・う~ん、使いきれるかなあ・・・



2008年3月30日 (日)

桜の季節



昨日川崎に出かけたら、いきなり満開の桜でした。
当地ではまだまだの感じだったので、電車の窓から見てビックリ
武蔵小杉の駅周辺で迷ってしまい、とんでもない方向に行っちゃった時、
この桜に出会いました。

Sakurakawasaki2
















なんと見事に満開。
疎水の上に重たげな無数の花房が、まだ散ることもなくかすかに揺れておりました。

方向音痴もたまにはいいことあるのかも・・・・coldsweats01

Sakurakawasaki1














今日は車で近所を下調べしたところ、
当地はまだ三分~六分咲きといったところ。
風も冷たいので、開花の速度も鈍るかもしれません。


そんな中で見つけたしだれ桜。
農家の庭先にある、かなりの大木 cherryblossom

Sidare


















庭にこんな桜があるなんて・・・ほんとにうらやましいです・・・



我家では十数年前母にもらった沈丁花が満開で、
窓を開けるたび素晴らしい香りに包まれます。
裏庭に面した斜面では今年爆発的に増えた花大根の群れ。
優しい紫色に心なごみます。confident

Jintyo Hanadaikon












2008年2月 3日 (日)



明日は立春ですので今日は冬の最後の日?にふさわしい雪になりました
午後にはもう小雨に変わりましたが 真っ白な雪景色は久しぶり

080203km_2

















カノンもミーシャも大喜び
横っ飛びに跳ねたり 雪を食べてみたり
公園では盛大に追いかけっこ
追いかけっこはいつもやるのですが 
雪の中というのはまた格別に面白いのかな
でもびしょぬれになって後が大変
今日は外で足を洗うだけというわけにはいかず 
お風呂場に直行でした



080203musa



武蔵も相変わらず・・
あんたは犬か?

年の豆



少ないと泣いた子どもよ年の豆





豆 たったこれだけしか食べられないの~
大人だったらいっぱい食べられるのに と
悔しく思ったことが確かにあった遠い昔
今では年の数だけの豆なんて見たくもないというか・・・ (^^ゞ

最近は豆まきはすっかりすたれ かわりに恵方巻きが大きな顔をしていますね
気恥ずかしかったり 豆の片付けが面倒だったりの豆まきとくらべ
ただ食べればいいだけのお手軽さがあっというまに浸透したのかな
スーパーなどでも年々売り出しに気合が入ってくる感じ

私はどうもなじめなくてパス
思いきり豆を投げた 遠い昔をなつかしんでおります


2008年2月 1日 (金)

豊作♪



いまさらドングリの話題でもないけれど
去年の秋はドングリが大豊作だったようです
散歩に通る林の中やゴルフ場の周囲 家のまわりでさえ
いまだに大量のドングリが転がり 風に吹き寄せられて山を築き
坂道などではドングリに滑って転びそうになったり・・・

Donguri














思えば前年は逆に当地でもはっきりわかるほどの不作でした
案の定 人里に熊が出没するニュースが後をたたず
たくさんの熊が撃ち殺されて胸が痛みました
この冬は殆どそんなニュースを聞かないですから
どこも豊作で熊はたっぷりとドングリを食べ 
満足して冬眠してるのかな
何だか嬉しくなります

でもドングリも柿のように 1年おきに豊作・不作を繰り返すのだとか
だとするとまた来年が心配・・・・・

0801misoka

ここ数日は風が強く
遠くの山もかすむほど

2008年1月15日 (火)

冬の雨



冬の雨富士に逢へざる伊豆紀行





恒例の里帰り(といってももう妹しかいませんが)で 三島大社に初詣をしてきました
大社の初詣はたいていお天気が良いのに今回は雨
三日いたのに とうとう富士山とは逢えずじまいでした  ・゚゚・(>_<)・゚゚・。
富士山に嫌われちゃったかな・・・
しくしくしくしく・・


Taisya08

より以前の記事一覧

時計

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メインサイト

本館・ブログ

俳句ポスト

フォト×俳句選手権

今日は何の日?

To P.F

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想